カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第186回 宇土沼林道

投稿日:2012年1月5日

2010年 林道日本一周 東北編2

東鳴子温泉から、暫し林道二人旅

 東鳴子温泉「初音旅館」の朝湯に入り、朝食を食べ、おかみさん、若旦那とひとしきり話し出発。そこに秋田県の横手に来てくれた武内さんと奥さんが2人のお子さんを連れてきてくれた。さらに、えむけーさんがカワサキのKLE250に乗ってきてくれた。えむけーさんは一緒に林道を走りたいという。
「初音旅館」のおかみさんと若旦那に別れを告げ、武内さん夫妻とお子さんたちに別れを告げ、鳴子温泉に向かってスズキDR-Z400Sを走らせる。その後をえむけーさんのKLE250がついてくる。
 鳴子温泉駅前でバイクを止め、えむけーさんとは自販機の缶コーヒーで乾杯。
「300日3000湯」では、何度となく出会ったえむけーさんだ。
 鳴子温泉駅前からは坂を登り、スキー場の前を通り、第1本目の沼井林道に入っていく。3・0キロのダートを走ると、そのまま第2本目の築沢林道に入っていく。名無しの峠を越え、宇土沼林道との分岐を過ぎ、キャンプ場のある田代で舗装路に出た。
 ダート7・6キロの築沢林道。沼井林道→築沢林道と通して走ると10・6キロのダート距離になる。
 田代からは築沢林道を戻り、次に宇土沼林道に入っていく。稜線上を走り、萱森(521m)の山頂近くを通り過ぎ、谷間へと下っていく。温泉施設の「ゆーらんど」近くで舗装路になるが、宇土沼林道のダートは10・6キロ。県道262号に出たところで、えむけーさんとは自販機の缶ジュースで乾杯し、別れた。
「またな!」

より大きな地図で 林道日本一周東北編2 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 46

鳴子温泉→加美町

東鳴子温泉「初音旅館」の朝湯に入る
東鳴子温泉「初音旅館」の朝食をいただく


東鳴子温泉「初音旅館」を出発
JR陸羽東線の鳴子温泉駅


えむけーさんと沼井林道を走る
つづいて築沢林道を走る


田代からの眺め
宇土沼林道を走る


Comments

Comments are closed.

Scroll Up