カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第184回 北沢林道

投稿日:2011年12月31日

2010年 林道日本一周 東北編2

一生に一度の大願は必ずかなえてくれる定義如来へ参拝

 国道48号に出ると、宮城・山形県境の関山峠に向かってスズキDR-Z400Sを走らせる。作並温泉の手前で左折。北沢林道に入っていく。国道の入口からダート。途中の展望ポイントからは奥羽山脈の山並みを一望、正面にはJR仙山線の谷間をまたぐ鉄橋が見える。
 3・5キロのダートを走った地点には名水「長命水」。北沢林道はさらに宮城・山形県境の山並みへとつづくが、行止まり林道なので「長命水」を飲んだところで引き返した。
 国道48号に戻ると、作並温泉を通り、宮城・山形県境の関山峠へ。「峠返し」で、峠を貫くトンネルの入口で折り返した。
 関山峠から宮城県側に下ったところで、国道48号を左折し、熊沢林道に入っていく。ビッグボーイでの「東北一周編」のときにも走った林道だ。
 名無しの峠を越え、6・6キロのダートを走り、舗装路に出た。
 そこから1キロほど走ったところで左折し、定義(じょうげ)林道を走る。林道の入口からダート。宮城・山形県境の名峰、船形山(1500m)に向かって登っていく。4・9キロ地点で横川林道との分起点に到着。そこには通行止めのゲートがなかったので、そのまま横川林道を「走りたい!」と思った。だが定義如来側の出口にはすり抜けもできないようなガチガチのゲートがあるので、横川林道に入っていくのは断念した…。
 このような入れても出られない林道というのは、けっこうあるものだ。
 横川林道との分岐点で直進する定義林道は、さらに船形山に向かってかなり登って地点までつづいている。しかし行止まり林道なので、その地点で折り返した。
 舗装路に戻ると左折し、定義如来の門前に出る。
 この一帯は平家の落人伝説の地。一生に一度の大願は必ずかなえてくれる如来様ということで、昔も今も大勢の参詣者がやってくる。門前はいつも大賑わい。寺の正式な名前は西方寺なのだが、誰もが「定義如来」と呼んでいる。
 定義如来の参拝を終えると、門前の「定義とうふ店」で豆乳を飲みながら名物の「三角あぶらげ」を食べた。

より大きな地図で 林道日本一周東北編2 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 34→33→34

作並→定義

国道48号から北沢林道に入っていく
北沢林道からの眺め


北沢林道の名水「長命水」
国道48号の関山峠


熊沢林道のダートに突入!
熊沢林道を行く


定義林道のダートに突入!
定義林道と横川林道の分起点


定義如来を参拝
「三角あぶらげ」と豆乳



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税