カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第176回 乙次郎林道

投稿日:2011年12月22日

2010年 林道日本一周 東北編2

美しき国、日本を感じる渓谷美を楽しむ

 国道399号の名無し峠から浅見川林道に入っていく。この林道も三ツ森林道と同じように県道になっているが、まさに純林道だ。それでも入口近くには「県道249号」のポールが立っている。
 林道入口から2・0キロ地点の黒森林道との分岐点を左へ。いわき市から広野町に入り、浅見川の渓谷を下っていく。スズキDR-Z400Sを走らせながら、浅見川の渓谷美を眺める。
 阿武隈山地には、このような渓谷美を楽しめる川が何本も太平洋に流れ出ている。「美しき国・日本」を感じさせるエリアだ。
 浅見川林道の7・9キロのダートを走り抜け、県道35号に出た。
 県道35号を北へ。
 広野町から楢葉町に入ったところで左折し、七曲林道へ。すぐにダートに突入。深い森の中を行く。9・6キロのダートを走ったところで木戸川林道に合流。木戸川林道のダート2・8キロを走り、木戸ダムの脇で出る。七曲林道→木戸川林道と12・4キロの連続ダートだ。
 木戸ダムからは木戸川沿いに走り、いったん県道35号に出た。
 県道35号で木戸川を渡り、すぐに左折し、乙次郎林道に入っていく。県道から3・8キロ地点でダートに突入。林道脇の湧水、「郭公名水」ではDRを停めてうまい水を飲んだ。
 乙次郎林道は乙次郎の集落を通り抜ける生活林道。その乙次郎の集落の手前で舗装路になる(なお、さきほどの木戸ダムから乙次郎までは舗装路が伸びている)。ここまでが乙次郎林道の前半だ。
 乙次郎の集落を過ぎると、楢葉町から川内村に入り、乙次郎林道後半のダートに突入。滝谷林道との分岐を過ぎ、小田代林道との合流地点に出る。乙次郎林道の前半は6・5キロ、後半は4・1キロ、合計すると10・6キロのダート距離になる。
 乙次郎林道からはダート1・0キロの小田代林道を走り、国道399号に出た。国道沿いにはきれいな水田風景が広がる。日本の桃源郷を思わせるような川内村だ。
 国道399号を北へ。
 川内村役場の裏手にある「かわうちの湯」(入浴料500円)に入っていく。大浴場と露天風呂。深い浴槽の洞窟風呂もある。無色透明の湯につかり、湯から上がると昼食。「日替定食」(700円)を食べた。

※爆発事故を起こした東京電力福島第1原子力発電所の20キロ圏内立入禁止規制で、現在、楢葉町には入れません。また浅見川林道も通行止になっています。

より大きな地図で 林道日本一周東北編2 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 10→15

広野町→楢葉町→川内村

浅見川林道のダートに突入!
浅見川林道を行く


浅見川の渓流
県道35号に出る


七曲林道を行く
木戸川林道で木戸ダムへ


木戸川の木戸ダム
乙次郎林道のダートに突入!


乙次郎林道を行く
川内村の「かわうちの湯」


「かわうちの湯」の露天風呂
「かわうちの湯」の「日替定食」


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.64
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税