カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第172回 大柴沢林道

投稿日:2011年12月18日

2010年 林道日本一周 東北編2

万病に効く放射能泉「入道温泉」にぜひ

 四時川林道から国道289号に出ると、右へ、勿来方向に走る。
 名無しの峠を越え、旧道の峠道を下っていく途中で左折し、大柴沢林道に入っていく。国道289号の荷路夫バイパスの橋脚の下をくぐり抜け、県道71号に出る。県道に出る手前の集落の風景がすごくいい。ダート2・9キロの大柴沢林道だ。
 県道71号でいわき市から古殿町に入り、ダート1・8キロの唐露林道を往復。そのあと山間の一軒宿、入道温泉「入道の湯」(入浴料400円)に入った。
「入道の湯」は小さな湯船。無色透明無味無臭の湯。この湯は昔から痔にはよく効くと定評があり、「痔疾の湯」ともいわれている。
 入道温泉の泉質は放射能泉だ。
 放射能泉は万病に効くといわれている。とくに痛風にはよく効くといわれている。栃尾又温泉(新潟)、増富温泉(山梨)、三朝温泉(鳥取)の「日本三大ラジウム泉」は有名。阿武隈山地の名湯、母畑温泉、猫啼温泉も放射能泉。放射能泉は入浴、飲湯のみならず、吸引の効果も大きいという。
 日本には痔に悩まされている人は多いと聞くので、ぜひとも入道温泉「入道の湯」を試してみたらいい。この近くには同じく一軒宿の谷川(やがわ)温泉があるが、ここも昔から痔にはよく効くといわれている。
 入道温泉「入道の湯」から上がると近くの店でパンを食べ、来た道を引き返し、いわき市に戻った。さらに「林道天国」いわき市の「林道走破行」はつづく。

より大きな地図で 林道日本一周東北編2 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 5→4

いわき→古殿

大柴沢林道の入口
大柴沢林道を行く


国道289号の荷路夫バイパスの橋脚をくぐり抜けていく
県道71号沿いの風景


唐露林道を往復
山間の一軒宿の入道温泉


入道温泉の湯に入る
入道温泉で食べたパン


Comments

Comments are closed.

Scroll Up