カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第171回 弥太郎林道

投稿日:2011年12月16日

2010年 林道日本一周 東北編2

東京から約3時間で、林道の密集地帯

 目兼横川林道、横川仏具林道と、2本の林道を走り、横川の発電所前を出発だ。
 スズキDR-Z400Sを走らせ、弥太郎林道に入っていく。すぐにダートに突入。目兼横川林道との分岐点を過ぎ、藤ノ木沢林道との分岐点を走り過ぎていく。
 かつての弥太郎林道は藤ノ木沢林道との分岐点を過ぎると大荒れだったが、今では路面も大分、整備されて走りやすくなっている。
 福島・茨城の県境を越え、峠を越えて茨城県の県道27号に出る。ダート6・6キロの弥太郎林道だ。
 茨城県道27号に出たところで、来た道を引き返し、次に藤ノ木沢林道に入っていく。
 ゆるやかな峠を越え、2・9キロのダートを走り、四時川にかかる橋を渡る。
 橋を渡ったところが四時川林道の入口だ。
 3本目の四時川林道のダートに突入。見事な紅葉で知られる四時川の渓谷を行く。このあたりを流れる四時川は福島・茨城の県境で、対岸は茨城県になる。7・4キロのダートを走り、さらに舗装路を走って国道289号に出た。
 こうして常磐道のいわき勿来ICを起点に目兼横川林道、横川仏具林道、弥太郎林道、藤ノ木沢林道、四時川林道と5本の林道を走ったが、それら5本を合計すると29・9キロのロングダートになる。往復して走る区間もあるので、このエリアだけで40キロを超えるダートを走ることになる。
 いわき勿来ICは東京・日本橋から175キロでしかない。高速を使えば3時間もかからない。そんな東京に近い一帯に、これだけの林道群がある。ぼくはこの一帯が好きで、いままでに何度、走ったかしれないほどだ。

より大きな地図で 林道日本一周東北編2 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 5→4

いわき

横川の発電所前を出発
弥太郎林道のダートに突入!


弥太郎を行く
弥太郎林道の峠


茨城県の県道27号に出る
藤ノ木沢林道の入口


藤ノ木沢林道の山神神社の鳥居
藤ノ木沢林道の峠


四時川にかかる橋
四時川林道のダートに突入!


四時川の渓谷を行く
四時川の流れ



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税