カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第170回 目兼横川林道

投稿日:2011年12月15日

2010年 林道日本一周 東北編2

DR-Z400Sで林道天国東北をもう一周

 2010年9月1日、「林道日本一周」のスズキDR?Z400Sによる「東北一周」の開始。ビッグボーイによる「東北一周」にひきつづいての「東北一周」第2弾目ということになる。それほど東北は日本の「林道天国」なのだ。
 この日はカソリの63歳の誕生日。還暦を過ぎてすでに3年になるが、ますますバイクがおもしろくなっている。バイクのおもしろさは、
「還暦を過ぎてからだ!」
 と、声を大にしていいたいくらいなのである。
 午前4時30分、伊勢原の自宅を出発。
 東名→首都高で日本橋へ。
 午前5時30分、日本橋に到着。
「さー、行くぞ!」
 と、DRにひと声かけて走り出す。
 首都高→常磐道とひた走り、常磐道の中郷SAで朝食。「朝定食」(500円)を食べ、関東から東北に入っていく。
 8時20分、いわき勿来ICに到着。ここから「林道走破行」を開始。国道289号で川部へ。四時川にかかる四時大橋を渡ったところで左折。川部から稲田の中の道を走り、第1本目の目兼横川林道に入っていく。
 仏具山(670m)南側の峠を越え、横川に下っていく途中ではウリ坊を引き連れたイノシシに出会った。
 横川仏具林道との分岐点を過ぎ、7・6キロのダートを走り、弥太郎林道とのT字の交差点に出る。そこを右折し、東北電力の発電所のある横川でDRを停めた。
 横川からは四時川の渓谷沿いに走り、国道289号に出、勿来方向に走る。
 第2本目は横川仏具林道。その入口にある「おやじがんこそば」で「天ぷらおやじそば」(1260円)を食べた。ここはライダーにも人気の店。
 手打ちの十割そばを堪能したところで、店のすぐ脇から横川仏具林道に入っていく。
 舗装区間を登っていくと、ブラインドのコーナーから対向車が飛び出してきた。あわや正面衝突…。
 崖下への転落の危機をもかえりみず急ブレーキ、急ハンドルで、からくも狭路に突っ込んできた四輪をかわした。そのかわり痛い転倒…。DRはほとんど無傷だったが、カソリは激しく膝を打ち、「グググゥッ」と歯をくいしばって痛みに耐える。
 腹が立つのは四輪だ。
「申し訳ない」のひと言で、そそくさと、まるで逃げるようにして林道を下っていった。
 気持ちを切り替え、痛む足をひきづってDRを起こすと、横川仏具林道のダートに突入していく。最初のうちは舗装→ダート→舗装→ダート…とまだら模様。そのうちに本格的なダートになり、仏具山の山頂直下を通り、そこからさきほどの目兼横川林道との分岐点へと下った。ダート5・4キロの横川仏具林道。横川の発電所に戻ると、その前でDRを停めた。

より大きな地図で 林道日本一周東北編2 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 5

日本橋→いわき

日本橋を出発!
常磐道・中郷SAの「朝定食」


いわき勿来ICで常磐道を降りる
目兼横川林道のダートに突入!


峠に向かって登っていく
目兼横川林道の峠


横川に到着
横川仏具林道入口の「おやじがんこそば」


「天ぷらおやじそば」
これが「おやじがんこそば」の十割そば


横川仏具林道を行く
仏具山の山頂近くを通る


横川仏具林道の峠を下っていく
横川の発電所に戻ってきた!


Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    アンダー400 No.67
    12月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    道志村


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up