カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第168回 横尾林道

投稿日:2011年12月13日

2010年 林道日本一周 千葉編

各都道府県の最高峰で日本一低い愛宕山を望む

 鋸南町から富津市へと房総半島横断の横根峠を越える。
 横根峠は安房と上総、国境の峠。安房から上総に入ったのだが、ここからは房総国境地帯の林道群を行く。
 横根峠を下るとすぐに左折。県道182号に入っていく。この県道182号からまずは山中林道に入る。道幅の狭い林道。すぐに房総国境の稜線に向かって上っていくが、路面は大荒れ。あちこちに深い亀裂ができている。ビッグボーイを慎重に走らせ、クレバスのような亀裂に落ちないようにした。といっても山中林道のダート距離はわずかに2・0キロ。房総半島には何本もの林道があるが、このようにどこもダート距離は短い。
 山中林道の短いダートを走りきり、県道88号の木之根峠に出る。この峠も房総国境の峠だ。
 木之根峠から安房側にわずかに下ったところで左折し、大山林道に入り、ダートに突入。この林道のダート距離はさらに短く1・1キロでしかない。
 大山林道を走りきると2又の分岐に出る。直進が松節林道、右が横尾林道で、横尾林道に入っていく。じきにダートに突入し、房総国境の稜線上を行く。この横尾林道が房総半島を代表する林道といっていい。
 横尾林道の南側を見ると、県道34号の通る谷間の向こうに、千葉県の最高峰、愛宕山(408m)が見える。日本の各都道府県の最高峰の中では一番の低山。つまりは日本一の愛宕山ということになる。
 ダート6・9キロの横尾林道を走り切ると、国道410号の君鴨トンネルの真上に出る。その地点の分岐を左へ、高山林道に入っていく。直進する道は国道410号に下っていく。
 高山林道も超短ダート。1・4キロのダートを走り、分岐を左へ。舗装林道の淵ヶ沢奥米林道を走って国道410に出た。

より大きな地図で 林道日本一周関東東北編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル関東甲信越 31

鋸南→君津

房総国境の横根峠を越える
山中林道のダートに突入!


山中林道のラフな路面
房総国境の木之根峠に到達


大山林道のダートに突入!
超短ダートの大山林道を行く


横尾林道のダートに突入!
横尾林道から見る愛宕山


横尾林道からの上総側の眺め
横尾林道のポッカリ開けたスペース


ここで記念撮影
房総国境の山並みを越える国道410号


高山林道を行く
舗装林道の淵ヶ沢奥米林道を行く



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税