カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第164回 ニレ沢林道

投稿日:2011年12月9日

2010年 林道日本一周 新潟編

スズキサマーキャラバン会場から林道ツーリングへ

 胎内市の中心、中条の「中条グランドホテル」で朝食を食べ、7時30分に出発。ビッグボーイを走らせ、山形県の小国まで行き、また胎内市に戻ってくるのだ。
 国道7号から国道113号に入り、荒川沿いに走る。道の駅「関川」の温泉「ゆ〜む」を過ぎると、荒川峡温泉郷に入っていく。湯沢温泉、高瀬温泉、雲母温泉、鷹ノ巣温泉の4湯から成る荒川峡温泉郷だが、そのうち最初の湯沢温泉に行き、改装された共同浴場の湯に入った。
 湯から上がると国道113号で新潟県から山形県に入る。荒川の峡谷、赤芝峡ではビッグボーイを停め、通行止めになっている旧道を歩いた。ここの紅葉は見事で、東北有数の紅葉の名所になっている。
 赤芝峡の風景を目に焼きつけ、小国の町に入っていく。JR米坂線の小国駅前まで行き、そこで折り返し、胎内に戻った。
 胎内温泉へ。
 胎内温泉「ロイヤル胎内パークホテル」前の広い駐車場がスズキの「サマーキャラバン」の会場。カソリ、ここでのトークショーに呼ばれたのだ。そこにはT社長、M部長、T部長とスズキ二輪のお歴々が集まっている。前年のアドレスV125Gで「広州→上海」を走ったとき同行してくれた村上さんも来ている。トークショーをとり仕切ってくれるスズキのキャンペーンガール、美貌の原智美さんも来ている。
 みなさんに挨拶したあと、すばやく胎内温泉「ロイヤル胎内パークホテル」の湯に入り、湯から上がると「ハンバーグ」の昼食を食べ、「サマーキャラバン」の会場に戻った。
 バンディット1250とグラディウス400の試乗会も兼ねているので、日本各地からライダーのみなさんが続々とやってくる。車で来る人もいる。仙台から来たHさんは奥さんと6歳、9ヵ月、2人の娘さんを連れての来場だ。
 特設会場での原さんとのトークショーがはじまった。原さんの軽妙な話にのせられ、気分を高揚させて話すカソリ。全国の「智ちゃんファン」には怒られそうなほど、2人の息はピッタリだ。原さん、ありがとう!
 こうして「スズキサマーキャラバン」でのトークショーを終えると、ビッグボーイでの新潟旅を再開する。国道290号で荒川沿いの大島へ。米坂線の無人駅、越後大島駅前でビッグボーイを止め、小休止。そこからさらに国道290号を走り、情緒あふれる村上の町中に入っていった。
 村上からは国道7号を北へ。道の駅「朝日」の手前で旧道に入り、猿沢からニレ沢林道に入っていく。大満虚空蔵尊を参拝し、虚空蔵山(466m)に向かってさらに登っていく。ニレ沢林道は緑あふれる虚空蔵グリーンパークで行止まり。ひとつ残念だったのは最後まで舗装林道だったこと。虚空蔵グリーンパークから猿沢に戻った。
 次に猿沢柏尾林道で峠を越えて日本海へ。この猿沢柏尾林道も全線が舗装路。柏尾の日本海の砂浜に出たところでビッグボーイを停め、夕日に染まった砂浜を歩いた。
 柏尾から国道345号→国道7号で胎内へ。
 胎内に戻ると、胎内平の「星まつり」の会場に直行。第27回目という「星まつり」は天文愛好家にはよく知られているとのことで、会場周辺には新潟県内のみならず、他県ナンバーの車がズラーッと並んでいた。
 この「星まつり」の会場にスズキはブースを出し、バンディット1250やグラディウスを展示していた。その脇のそっとビッグボーイを置き、来場のみなさんにカソリの「林道日本一周」のビッグボーイも見てもらった。
 暗くなり、満点の星空になってからが圧巻。ほんとうに驚かされしまった。
 スズキ二輪のT社長は大の天文ファン。その知識の深さは中途半端ではない。地元、浜松では天文に関しての講演会を度々おこなうとのことで、持参の天体望遠鏡で来場者のみなさんにわかりやすく星座の説明をする。あっというまに人気のコーナーになり、順番待ちの列ができるほどだった。
「胎内星まつり」の会場を最後に「中条グランドホテル」に戻り、部屋でカンビールを飲みながら夕食の弁当を食べた。いやー、なんとも中身の濃い1日だった。

より大きな地図で 林道日本一周関東東北編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル関東甲信越 110→111→110

胎内→小国→胎内→村上→柏尾→胎内平

「中条グランドホテル」の朝食
「中条グランドホテル」を出発


荒川に沿って走る
湯沢温泉の共同浴場に入る


荒川の赤芝峡。ここは東北有数の紅葉の名所
スズキの「サマーキャラバン」の会場に到着


胎内温泉「ロイヤル胎内パークホテル」の露天風呂
胎内温泉での昼食


JR米坂線の越後大島駅
村上の大満虚空蔵尊を参拝


虚空蔵山に向かってニレ沢林道を行く
ニレ沢林道終点の虚空蔵グリーンパーク


猿沢柏尾林道の名無し峠
日本海に出る!


夕日に染まった日本海
日本海の砂浜を歩く


胎内の「星まつり」の会場
大勢の人たちが望遠鏡をのぞき込む


「中条グランドホテル」に戻ってきた
部屋で夕食の弁当を食べる



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税