カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第150回 八溝真名畑林道

投稿日:2011年11月12日

2010年 林道日本一周 関東・東北編

八溝山山頂へ、渓流から稜線へと走り抜ける

 矢祭に戻ると、東舘温泉「ユーパル矢祭」の湯に入り、さっぱりした気分で林道へ。林道前の温泉効果は大きい。
 久慈川の西岸を走る県道230号を北に4キロほど行き、左折し、県道196号に入る。中山峠のトンネルを抜け出たところが真名畑の集落。一番奥の家の前から八溝真名畑林道のダートに突入。八溝山から流れ出る八溝川の渓流沿いに走り、渓流を離れると稜線に向かって登り、最後は八溝山の山頂直下に出る。ダート14・2キロの八溝真名畑林道だ。
 八溝山に到着するとまずは福島・茨城・栃木の3県境へ。そこには福島県の欅、栃木県の栃、茨城県の梅と、3県の県木が植えられている。
 次に八溝山の山頂へ。山頂までバイクで行かれる。駐車場にビッグボーイを停めると階段をトントンと登り、標高1022メートルの山頂に立つ。ここは福島・茨城の県境で、八溝山は茨城県の最高峰になっている。
 八溝山の山頂にまつられている八溝嶺神社を参拝し、城を模した山頂の展望台に登り、360度の大展望を目に焼き付けた。
 八溝山の山頂からの大展望を楽しむと、茨城県側にわずかに下ったところにある「坂東33ヵ所」第21番札所の日輪寺を参拝。そこでは何人かの、白装束を着たお遍路さんたちに出会った。
 八溝山から来た道を引き返し、さきほどの八溝真名畑林道の出口を通り過ぎ、福島・茨城・栃木3県の県境を過ぎたところで右折し、県道377号に入っていく。下っていくと久慈川源流の流れと出会う。県道377号はかつてのロングダートの久慈川林道。今では大半が舗装されたが、それでもまだ3・6キロのダート区間が残されている。
 つづいて県道377号と分岐する大森林道に入っていく。名無しの峠を越える林道で、6・5キロのダートを走り、県道60号に出る。そこからほどなく福島・栃木県境の戸中峠に到達。峠道は桜並木で以前、桜吹雪の舞う中を走ったことがある。
 戸中峠を下ると県道60号は県道76号に合流。県道76号は奥州街道以前の東山道に相当する道で、栃木・福島県境の明神峠を越えると白河関跡へと下っていく。
 県道60号をそのまま行くと、伊王野で国道294号に合流。合流地点の近くには道の駅があるが、その名も「東山道伊王野」。伊王野からは那須野原を通り、黒磯に出た。

より大きな地図で 林道日本一周関東東北編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル関東甲信越 83→82

矢祭→八溝山→伊王野→黒磯

東舘温泉「ユーパル矢祭」の湯に入る。林道前の温泉だ
八溝真名畑林道入口の家


八溝真名畑林道のダートに突入!
八溝山に向かって登っていく


八溝真名畑林道の出口。ここは福島・茨城県境
福島・茨城・栃木の3県境


八溝山嶺神社
八溝山頂の展望台


八溝山からの眺め
坂東21番札所の日輪寺


「坂東33ヵ所めぐり」のお遍路さん
旧久慈川林道の県道377号のダート区間を行く


峠越え林道の大森林道
福島・栃木県境の戸中峠



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.61
    3月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税