カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第146回 花園神社

投稿日:2011年11月6日

2010年 林道日本一周 関東・東北編

東北と関東を分ける鵜ノ子岬から北関東の林道へ

「林道日本一周」のビッグボーイによる「東北一周編」を終えた翌日、2010年8月13日に「関東・東北編」を開始。バイクはやはりビッグボーイだ。
 神奈川県伊勢原市の自宅を5時30分に出発。東名→首都高と走り、7時、常磐道の三郷料金所に到着。友部SAで朝食を食べ、三郷料金所から140キロの北茨城ICで常磐道を降りたが、時間は9時。国道6号を北上し、鵜ノ子岬の平潟漁港には10時に到着した。ここは関東の太平洋岸では最北の地になる。
 平潟漁港いえば冬場のアンコウ漁で有名。漁港周辺の店では「アンコウ鍋」が食べられる。
 断崖がストンと海に落ちる鵜ノ子岬の北側は、福島県の勿来漁港。東北側から見れば鵜ノ子岬は東北の太平洋岸では最南の地になる。
 平潟漁港からは海岸線を南下。五浦の海岸美を眺め、大津漁港へ。ここは平潟漁港よりもはるかに大きな漁港。大津漁港から県道27号で内陸へと入っていった。
 大津漁港から20キロほど山中に入ったところにある花園神社へ。豪壮な造りの楼門をくぐり、花園神社を参拝。ここから北関東の林道を走る。花園神社周辺には何本もの林道があるのだ。

より大きな地図で 林道日本一周関東東北編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル関東甲信越 84

北茨城IC→勿来→北茨城

北茨城ICで常磐道を降りる
平潟漁港に到着


アンコウ漁で知られる平潟漁港
平潟漁港の漁船


平潟漁港越しに鵜ノ子岬を見る
花園神社の楼門。豪壮な造りだ


花園神社に参拝
花園神社境内の杉林




花園神社を流れる渓流

Comments

Comments are closed.

Scroll Up