カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第139回 龍飛崎

投稿日:2011年10月27日

2010年 林道日本一周・東北編

日本で唯一の階段国道を登る

 青森駅前の「東横イン」を出発。国道280号で津軽半島に入っていく。蓬田、蟹田、平舘と通り、津軽海峡に突き出た高野崎でビッグボーイを停めた。
 早朝なのでまだ開いてないが、ここには食事処「信光丸」がある。岬の広々とした園地はキャンプ場になっている。岬の突端には赤白2色の灯台。正面の水平線上には北海道が見える。右手には下北半島最北端(本州最北端)の大間崎、左手には津軽海峡最北端の龍飛崎が見える。絶景岬の高野崎だ。
 高野崎から三厩(みんまや)へ。
 三厩ではJR津軽線の終着駅、三厩駅駅前でビッグボーイを停め、駅待合室でカンコーヒーを飲んだ。
 三厩駅からは国道339号で龍飛崎に向かう。
 龍飛の集落に入ると、まずは日本で唯一の階段国道を登る。岬の台地上に登るこの階段は国道339号の一部なのだ。車は通れない「人道階段国道」。車で岬の台地上まで行く場合は、龍飛の手前の自動車道を登っていく。
 龍飛の行き止まり地点には、北津軽の金木で生まれた小説家太宰治の文学碑が建っている。それには太宰の作品、『津軽』の一節が刻み込まれている。
「ここは本州の袋小路だ。読者も銘記せよ。(中略)そこに於いて諸君の路は全く尽きるのである」
 ぼくが初めて龍飛崎に来たのは1978年。そのときの龍飛崎はまさに太宰の言葉通りの袋小路で、来た道を戻るしかなかった。しかし今では国道339号が全線開通し、日本海側の小泊に抜けられる。
 龍飛漁港から自動車道で高さ100メートルほどの海岸段丘上に登り龍飛崎へ。「津軽海峡冬景色」の歌碑ではボタンを押して石川さゆりの歌声を聞いた。
 みやげもの店などの並ぶ龍飛崎の駐車場から岬の灯台まで歩いていく。その先には旧海軍の望楼跡と海上自衛隊のレーダー基地。江戸後期の文化5年(1808年)、弘前藩はここに台場を築き、狼煙台と砲台を設置した。龍飛崎は昔も今も北方警備の要衝の地だ。

より大きな地図で 林道日本一周東北編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 94,98,97

青森市街→高野崎→三厩→龍飛崎

青森駅前の「東横イン」を出発
高野崎の食事処「信光丸」


高野崎の灯台
高野崎突端の岩場


JR津軽線の終着、三厩駅
龍飛の階段国道


太宰治の文学碑
高台から龍飛の集落と漁港を見下ろす


「津軽海峡冬景色」の歌碑
龍飛崎の灯台




龍飛崎突端の旧海軍の望楼と自衛隊のレーダー基地

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税