カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第138回 湯ノ川鍋滝林道

投稿日:2011年10月26日

2010年 林道日本一周・東北編

本州最北の町から陸奥湾をぐるっと回り青森市街へ

 本州最北の町、大間からは国道338号を南下。海岸の大間原発迂回路はすでに完成している。この大間原発は電源開発の原子力発電所。建設工事はすでに相当、進んでいる。
 大間町から佐井村に入る。
 佐井村の中心の佐井に到着すると、「津軽海峡文化館アルサス」内にある「海峡ミュージアム」を見学。館内には祭りの大神輿が展示されている。「アルサス」前の佐井港からは下北半島の名勝、仏ヶ浦への観光船が出ている。ここはかつてはヒバの積み出し港としておおいに栄えた。
 佐井からは県道284号に入っていく。大間越を越えるダート県道。舗装化が進んでいるが、それでも10キロ以上のダート区間が残っている。
 佐井の町並みを抜け、森林地帯に入り、ダートに突入。最初のダートは1・6キロ。つづいて第2区間のダートに突入。2・0キロのダートを走ると佐井村とむつ市の境の峠、大間越に到達。峠を越えたむつ市側は荒れた舗装路でダートとあまり変らない。
 5・9キロのラフな舗装路を走ると、鍋滝林道との分岐。そこからさらに県道284号で奥薬研温泉まで行く。その間は幅広のよく整備されたダート。7・4キロのダートを走り、奥薬研温泉に到着。ダート距離の合計は11・0キロになる。
 奥薬研温泉で折り返し、県道284号から鍋滝林道に入る。幅広ダートで直線路がつづく。ビッグボーイのアクセルを開き、高速でダートを突っ走る。渓流を離れ、峠に向かっていく。それとともに道幅は狭くなり路面も荒れてくる。
 ブナの大木が目印の峠に到達。峠までは12・4キロのダート。峠を越えると湯ノ川林道になる。熊が出そうな森林地帯を走り抜け、湯ノ川温泉のすぐ近くで46号に出る。ダート6・5キロの湯ノ川林道。合計するとダート18・9キロの湯ノ川鍋滝林道だ。
 夕暮れの湯ノ川温泉に到着。ひなびた山間の温泉地。共同浴場の「濃々園」に行くと、残念ながらすでに閉まっていた。
 19時、湯ノ川温泉を出発。青森を目指して夜道を走る。
 20時、むつに到着。
 22時、野辺地に到着。
 22時40分、青森駅に到着。湯ノ川温泉から151キロだ。
 駅前の「東横イン」に泊まり、部屋でコンビニ弁当の遅い夕食を食べた。

より大きな地図で 林道日本一周東北編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 102→100→101→98→94

大間→佐井→奥薬研温泉→湯ノ川温泉→むつ→青森駅

佐井の「アルサス」
「海峡ミュージアム」に展示されている大神輿


佐井港
県道284号のダートに突入!


森林地帯を行く
大間越に到達


鍋滝林道の入口
鍋滝林道のストレート区間


名無し峠に到達
湯ノ川林道の出口


青森駅前の「東横イン」に到着
コンビニ弁当の遅い夕食


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税