カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第134回 青森県道179号

投稿日:2011年10月22日

2010年 林道日本一周・東北編

なんともうれしいダート県道

 6時前に三沢のビジネスホテル風「みちのくサニーフラット」を出発。近くのコンビニで「おにぎり」の朝食を食べ、三沢の中心街に入っていく。
 三沢駅前でビッグボーイを止め小休止。モーニングコーヒーのカンコーヒーを飲み終えると、
「さー、行くぞ!」
 といつものようにビッグボーイにひと声かけ、国道338号で下北半島に入っていく。
 三沢の太平洋岸には一川目からはじまり、二川目、三川目…と「川目」の集落がつづき、六川目が最後になる。
 六川目を過ぎたところで、松林を走り抜け、淋代海岸に出る。その名の通り、淋しさの漂う長い砂浜がどこまでもつづいている。
 そんな淋代海岸の一角には昭和6年、アメリカ西海岸を目指して飛び立ち、世界初の太平洋無着陸横断を成功させた「ミスビードル号」の模型が置かれている。
 次に国道338号を左に折れたところにある仏沼(ほとけぬま)に行った。ここはラムサール条約に登録された湿地。貴重な鳥、オオセッカの世界最大の繁殖地になっている。
 仏沼の大湿地帯を眺めたあと、国道338号で小川原湖が海に流れ出る高瀬川を渡り、三沢市から六ヶ所村に入っていく。
 六ヵ所村の原子力関連の施設群を走り抜け、さらに太平洋岸を北上。泊漁港近くで国道338号を左折し、県道179号に入っていく。すぐにダートに突入するが、なんともうれしいダート県道なのだ。東北にはこのようなダート県道が何本もあるが、とくに青森県に多い。
 県道179号のダートを走り、木漏れ日を浴びながら森林地帯を登っていくと、パーッと開けた展望ポイントに出る。そこからはキラキラ光る太平洋を一望する。
 再度、森林地帯に入り、ダートを駆け登る。ダート県道なので路面はそこそこに整備されていて走りやすい。
 5・3キロのダートを走りきると舗装路になり、下北半島の背骨になる山並み、下北丘陵を越える名無しの峠に到達。ここが六ヵ所村と横浜町の境。横浜町側の県道179号は全線舗装だ。
 下北丘陵の名無し峠で折り返し、国道338号に戻った。

※2011年3月11日の大津波で淋代海岸の「ミスビードル号」は流されてしまいましたが、三沢の「三沢航空科学館」には復元された「ミスビードル号」が展示されています。ラムサール条約の仏沼は太平洋岸に近い湿地ですが、幸いにも大津波の被害からはまぬがれました。

より大きな地図で 林道日本一周東北編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 95,99

三沢→仏沼→六ヶ所

三沢の「みちのくサニーフラット」を出発
三沢のコンビニで朝食


三沢駅前で小休止
淋代海岸の「ミスビードル号」


小川原湖北端の眺め
県道179号のダートに突入!


県道179号の展望ポイントからの眺め
県道179号の峠に到達!


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税