カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第132回 とどヶ崎

投稿日:2011年10月15日

2010年 林道日本一周・東北編

東北一のノッポ灯台へ、徒歩約1時間

 釜石から国道45号を北上。大槌町を通り、山田町に入る。船越半島への入口を過ぎると船越湾から山田湾へと海が変る。山田湾ではカキやワカメ、ホヤの養殖が盛んで、養殖筏が海を埋め尽くしている。
 山田の町を過ぎたところで、国道45号から県道41号で重茂(おもえ)半島に入っていく。重茂半島は日本の秘境。まるで別世界の迷い込んだかのようだ。海岸のすぐ近くとは思えないほど山が深く、緑が濃い。
 山田町から宮古市に入り、県道41号から姉吉漁港へと急坂を下っていく。
 姉吉漁港の岸壁にビッグボーイを停め、本州最東端の岬、とどヶ崎を目指して山道を歩き始める。最初は一気の登りで苦しいが、そのあとは登り下りがつづく。とどヶ崎への山道はしっかりと整備されているので、道に迷う心配はない。木標も立っている。
 1時間ほど歩くと、とどヶ崎に到着。そこには高さ34メートルという東北一のノッポ灯台が建っている。太平洋岸の岩場を歩く。斧でブチ割ったかのような割れ目も見られる。その先に「本州最北端碑」が建っている。東経142度04分35秒のとどヶ崎だ。
 往復8キロも歩かなくてはならないので、この岬までやってくる人はほとんどいない。断崖の縁に腰を下ろし、自分一人でたたずみ、絶景岬を独占。目の前にはてしなく広がる太平洋を眺める。さえぎるものは何もない。水平線上を大型船が北へ、八戸の方向へ進んでいく。
 名残おしいとどヶ崎を後にし、姉吉漁港に戻ると、漁師さんの話を聞いた。
「9月に入ると、天然コンブで忙しくなるな。きれいな飴色をした三陸のコンブは質が良い。ととヶ崎の名前通り、かつては岬にトドがやってきた。でも最近はトドを見かけることはほとんどなくなった」
 コンブといい、トドといい、とどヶ崎は親潮の海の岬だ。植生を見ても暖地性のタブノキなどの常緑樹は消え、寒地性のナラなどの落葉樹が岬を覆っている。
 県道41号で重茂半島を縦断。南の山田湾から北の宮古湾に出る。山田湾側は断崖上の道だが、宮古湾側は海岸を通っている。まるで要塞のような巨大な防潮堤で海岸の集落は守られている。県道41号はその外側、海側を通っている。
 津軽石で国道45号に合流し、宮古の町に入っていった。

より大きな地図で 林道日本一周東北編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル北海道 65,70

釜石→山田町→とどヶ崎→宮古

養殖筏の浮かぶ山田湾
重茂半島に入っていく


重茂半島から眺める山田湾
姉吉漁港に到着


とどヶ崎への山道
とどヶ崎への山道の木標


とどヶ崎の灯台
とどヶ崎の岩の割れ目


「本州最東端碑」
宮古湾の海岸に出る



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税