カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第129回 広田半島

投稿日:2011年10月12日

2010年 林道日本一周・東北編

松林を抜けて、断崖が海に落ち込む絶景の岬へ

 高田松原の陸前高田からは県道38号で広田半島に入っていく。
 この「県道38号」がやっかいだ。新道と旧道が入り乱れ、広田半島の幹線道路はすべてが県道38号になっている。
 それを象徴するのが広田の交差点。直進も右折も左折もすべて県道38号。4方向、すべてが県道38号なのだ。
 このような道標は初めて見た!
 広田半島南端の岬、広田崎へ。県道38号から入っていく。道の行止まり地点には広い駐車場。かつてはここに「椿島レストハウス」があったが、今はない。
 ビッグボーイを停めると、松林の中の遊歩道を下っていく。かなりの急勾配。
「カナカナ」
 とヒグラシが鳴いている。
 岬の突端に出ると、目の前には青松島と椿島が見える。
 クロマツに覆われた青松島には、暖帯性の常緑樹トラベやヒサカキ、マルバツルマサキ、タブノキなどが自生している。まさに黒潮がこの地まで流れてきていることの証明だ。青松島はトラベの日本最北の群生地として知られている。また椿島は日本有数のウミネコの繁殖地として知られている。
 次に広田半島一周の県道38号経由で黒崎へ。
 広田崎は広田半島最南端の岬だが、この黒崎は広田半島最東端の岬になる。
 黒崎入口の黒崎神社に参拝したあと、松林の中の遊歩道を歩き、岬の突端へ。断崖が海に落ち込む「黒崎仙峡」の眺めは豪快。岬の展望台に立つと、さきほどの広田崎と青松島、椿島がよく見える。その向こうには宮城県の唐桑半島が長々と横たわっている。
 黒崎からの眺めを眼に焼きつけたところで、岬の温泉、「黒崎仙峡温泉」に入る。大浴場の湯につかりながら目の前に広がる太平洋の大海原を眺めた。絶景の湯だ。

より大きな地図で 林道日本一周東北編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 53

高田松原→広田崎→黒崎

広田の交差点は4方向すべてが県道38号
広田崎への遊歩道


広田崎からの眺め
広田崎の漁港


黒崎への遊歩道
黒崎仙峡の岩の割れ目


黒崎の展望台
黒崎突端の岩場


黒崎の展望台からの眺め
黒崎の漁港




黒崎仙峡温泉

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.64
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税