カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第127回 歌枕の地

投稿日:2011年10月9日

2010年 林道日本一周・東北編

芭蕉と正宗の足跡を訪ねる

 東鳴子温泉「初音旅館」の朝湯に入り、朝食を食べ、女将さんと若旦那の見送りを受けて出発。ビッグボーイを走らせ、国道47号で大崎市の中心の古川へ。
 その途中では川渡温泉の共同浴場の湯に入ったあと、「奥の細道」ゆかりの「美豆の小島」と「小黒崎」に立ち寄った。「美豆の小島」は「みづの小島」のことで、「水の小島」と書かれることもある。ともに古来より知られた歌枕の地だ。

尿前の関
 南部道遥かに見やりて、岩手の里に泊まる。小黒崎・みづの小島を過ぎて、鳴子の湯より尿前の関にかかりて、出羽の国に越えんとす。(後略)

 と『おくのほそ道』にあるが、芭蕉は岩手の里(今の岩出山)を出発すると鳴子に向かっていく途中、「みづの小島」と「小黒崎」を見ている。芭蕉の見た順番は「小黒崎」→「みづの小島」になる。
「美豆の小島」はかつては荒雄川(江合川)中州の小島だったが、いまでは河原の小さな岩山といったところ。
「小黒崎」は旧鳴子町と旧岩出山町境のあたりで、そこには「小黒崎観光センター」がある。その前には芭蕉像が建っている。
「美豆の小島」と「小黒崎」に寄ったあと、岩出山の町に入っていく。ここは若き日の「独眼竜」こと伊達政宗の居城のあったところで、城山公園には政宗像が建っている。
 城山公園から岩出山の町を見下ろしたところで、国指定の史跡・名勝になっている「有備館」を見学。入口には次のような案内が書かれている。

「伊達政宗は天正19年(1591年)に米沢から岩手沢に居城を移し、岩手沢を岩出山と改めました。慶長6年(1601年)には仙台城に移り、岩出山は政宗の4男宗泰を初代とする岩出山伊達家が代々伊達一門として治めました。
 有備館は江戸時代に岩出山伊達家の家臣子弟の学問所となった建物で、伊達家当主が時折講義に臨む場所であった御改所(主屋)とその付属屋が現在までその姿を伝えています。有備館の建物(主屋)は、2代宗敏の隠居所として延宝5年(1677年)頃に建てられたとする説が有力です。その後、下屋敷、隠居所、学問所として使用されてきました。
 庭園は正徳5年(1715年)頃、4代村泰の時代に整備されたと伝えられています。仙台藩茶道頭、石川流3代清水道竿の作庭です。岩出山城本丸の断崖を借景として池中に島を配した廻遊式池泉庭園で、中には300年以上の樹木があり、四季を通じた緑や花等で庭の変化を楽しむことができます」

 有備館を見たあと庭園をぐるりとひとまわりしたが、東北でも一、二の名庭園で、人工とは思えない自然にひたることができる。樹齢300年のカヤの大木が空を突く。池には中島のほかに兜島、鶴ヶ島、亀子中島と全部で4つの島が浮かんでいる。存分に楽しめる有備館とその庭園だ。
 岩出山から古川へ。
 古川の中心街、七日町に着くと、ビッグボーイを停めた。
 バス停のベンチに座り、「初音旅館」の女将さんが作ってくれた「おにぎり」を食べた。手の温もりが伝わってくるようなおにぎりのうまさ。ここ古川の七日町が女将さんの生まれ故郷なのだ。

より大きな地図で 林道日本一周東北編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 46,40

鳴子温泉→川渡温泉→岩出山→古川

東鳴子温泉「初音旅館」の朝湯に入る
「初音旅館」の朝食


「初音旅館」を出発
川渡温泉の共同浴場


「美豆の小島」に到着
かつての「美豆の小島」


現在の「美豆の小島」
「美豆の小島」を流れる荒雄川


国道47号沿いの「小黒崎」
城山公園から見下ろす岩出山の町並み


城山公園に建つ伊達政宗像
「有備館」の入口


「有備館」の庭園
古川の中心、七日町




昼食のおにぎり

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税