カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第114回 白神ライン

投稿日:2011年9月19日

2010年 林道日本一周・東日本編

東北一のロングダートを走る

 国道101号の岩崎から県道28号の白神ラインに入っていく。旧弘西林道の白神ラインは東北の最長ダート。国道から12・3キロ地点でダートに突入し、それとともに白神山中を縫う道になる。路面はそれほど荒れてはいないが、県道とはいっても、ロードバイクではちょっと厳しい。そんなダートの白神ラインをスズキDR-Z400Sでガンガンに飛ばした。
 最初の展望ポイントからは白神山地の最高峰、向白神岳(1243m)を間近に眺める。世界遺産の白神山地を存分に味わえる白神ラインだ。
 一ツ森峠、天狗峠を越え、3区間のダート、合計22・9キロ走ったところで、赤石川林道との分岐点に出る。
 ここでいったん赤石川林道に入っていく。分岐点から0・3キロ走ったところでダートになるが、舗装化の進む赤石川林道は東北有数の名瀑、くろくまの滝入口まで、7・2キロのダート、そこから先は舗装路だ。くろくまの滝を見にいこうとしたが、遊歩道は崩落で通行止。残念ながらそこから白神ラインに戻った。
 赤石川林道との分岐点から9・1キロ走ると津軽峠に到達。そこから8・8キロ下ると「ふるさと交流館」のある暗門で舗装路に出る。「津軽峠ー暗門」間のダートは路面の状態も良く、乗用車がかなりのスピードでコーナーに突っ込んでくるので要注意だ。
 白神ラインのダートは40・8キロ。舗装化の進む白神ラインだが、まだまだ40キロ超のダートが残されているのは嬉しいかぎりだ。

より大きな地図で 林道日本一周東日本編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル北海道 87

岩崎→一ツ森峠→天狗峠→津軽峠→暗門

白神ラインの県道28号を行く
白神ラインのダートに突入!


おい茂る樹林の中を行く
展望ポイントから見る白神山地の最高峰、向白神岳


赤石川林道のダートに突入
赤石川の流れ


くろくまの滝の案内板
くろくまの滝・遊歩道の案内板


津軽峠に到達
津軽峠から暗門に下っていく


Comments

Comments are closed.

Scroll Up