カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第111回 豪雨の道南

投稿日:2011年5月20日

2010年 林道日本一周・東日本編

連日の豪雨でルートを塞がれる

 夜明けとともに札幌駅前の「東横イン」を出発。この時点では、まだ雨は降っていなかった。国道5号で小樽へ。その途中で雨が降り出した。雨具を着てスズキDR-Z400Sを走らせたが、前日のような豪雨とはほど遠い雨の降り方。それほどたいした降り方ではなかった。
 小樽に着くと、DRを停め、雨に濡れながら運河沿いの道を歩いた。
 小樽からさらに国道5号を行く。余市を過ぎたあたりから雨は激しくなり、やがてバケツをひっくり返したような降り方になる。
 昨日にひきつづいての豪雨だ…。
 あまりにもすさまじい降り方に恐れをなし、仁木の「キノコ王国」をみつけると、そこでDRを停め、大食堂で「キノコカレー」(680円)の朝食を食べた。
 食事が終るころには小降りになってくれるのではないか…と、淡い期待を抱いたのだが、まるであざ笑うかのように土砂降りの雨は降りつづく。
 意を決して豪雨の中を走り出す。
 稲穂峠のトンネルを抜け、峠を下ったところで国道276号に入り岩内へ。
 岩内の中心街はまるで洪水に襲われたかのよう。盛大な水しぶきを上げて冠水した道を車が通り過ぎていく。水が入りこまないように土嚢を積み上げている家もある。
 岩内からは日本海沿いの国道229号を南下したが、日本海に流れ出る川はどこも、まるで鉄砲水のような濁流と化していた。DRを停めてその流れを見ていると、あまりの激しさにスーッと体が吸い込まれそうになった。
 岩内町から寿都町に入り、寿都温泉「ゆべつの湯」(入浴料500円)に入る。大浴場と露天風呂。有色有味の湯。湯から上がると「かつ定食」(780円)の昼食を食べた。「さー、雨なんかに負けずに行くぞ!」
 と、気合を入れてDRを走らせる。
 ところが寿都の町を抜け出た先で、国道229号は豪雨のため通行止。そこには赤色灯を点滅させたパトカーが停まっていた。
 残念…。寿都町から島牧村に入ったところでは北海道一の大滝、賀老の滝を見、ロングダートの峰越・真駒内林道を走るつもりにしていたのだが…。
 来た道を引き返し、道道9号で黒松内を通って国道5号の蕨岱(わらびたい)峠に出た。そこからは長万部を通り国縫(くんぬい)へ。国縫から国道230号で美利河(ぴりか)峠を越えて日本海に出ようとした。だが、国道230号も豪雨のため通行止…。
 さらにカソリの悪戦苦闘がつづく。
 国道5号で八雲まで行き、国道277号で雲石峠を越えて日本海に出ようとした。だが、またまた国道277号も豪雨のため通行止。内浦湾(太平洋)に流れ出る遊楽部川はすさまじい勢いで流れ、両岸のあちこちで氾濫していた。
 国道229号にはじまり国道230号、国道277号と3本もの国道が通行止。ぼくは台風直撃の中を走ったことも何度かあるが、3本もの国道が通行止というのは初めての経験だ。
 それでも諦めないカソリ。国道5号で野田生まで行き、そこから道道573号に入り、野田追・姫川林道で姫待峠を越えて日本海に出ようとした。だがこのルートも林道のダートがはじまる地点で通行止。
 これがラストチャンスとばかりに、国道5号で落部(おとしべ)まで行き、そこから道道67号で日本海側の厚沢部(あっさぶ)に向かった。上の湯温泉までは行けた。その先で通行止か…と半分は諦めの気持ちでDRを走らせたが、通行止のゲートもないまま、八雲町と厚沢部町境の峠のトンネルを抜けた。そしてそのまま峠を下り、厚沢部の町中へと入っていった。厚沢部からは国道227号で江差へ。ついに日本海に出た!
 江差からは国道228号で日本海沿いに走り、上ノ国から石崎へ。そこで国道228号と分れ、道道607号に入っていく。この道が道南最長ダートの石崎松前林道につづいている。だが…、石崎松前林道入口の手前で通行止。最後の最後まで豪雨にやられた。
 まあ、仕方ないか…。
 石崎から国道228号で松前を通り函館へ。途中、木古内温泉「のとや」(入浴料500円)の湯に入り、夕食の「サケ天丼」(900円)を食べた。
 函館到着は21時。雨は止んでいる。というよりもほとんど降らなかったようだ。北海道は広い。
 いったん函館駅前まで行き、そこでDRを停めた。すぐさま函館港のフェリー埠頭へと急ぎ、21時50分発の津軽海峡フェリー「びなす」に乗船。これにて「函館→函館」の「北海道編」、終了だ。

より大きな地図で 林道日本一周東日本編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル北海道 2,6,8,15,16,22,23

小樽→余市→岩内→寿都→長万部→国縫→野田生→落部→
厚沢部→江差→石崎→松前→函館

札幌を出発
雨の小樽運河


朝食の「キノコカレー」
岩内は洪水のよう…


鉄砲水のような濁流
寿都温泉「ゆべつの湯」


昼食の「かつ定食」
国道229号は豪雨のため通行止


国道277号も豪雨のため通行止
氾濫した遊楽部川


野田追・姫川林道も通行止
ついに日本海に出た!


石崎に到着
残念無念…、石崎松前林道、通行止


木古内温泉「のとや」
夕食の「サケ天丼」




函館駅前に戻ってきた…

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.61
    3月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税