カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

名物料理 岩手編

投稿日:2011年5月10日

店名のあとのアルファベットと数字は『ツーリングマップル東北』での位置を示しています

一戸「そばひっつみ」 

岩手名物の「ひっつみ」は小麦粉でつくる「すいとん」のようなもの。「とってなげ」とか「つめり」という地方もある。写真の「そばひっつみ」(600円)はソバ粉でつくったひっつみ。国道4号沿いの「そば処こずや」(80J-2/TEL:090-2797-2491)で食べた。そばがきをのしたような「そばひっつみ」には、しっかりとしたそばの味がする。汁には肉や野菜など具がたくさん入っている。
マップ:80J-2
取材日:2009年10月12日
所在地:岩手県一戸町
TEL:090-2797-2491(そば処こずや)
北山崎「アワビ刺」 

名所、北山崎の「松乃屋食堂」(76M-3)では「アワビ刺」を味わいたくて写真の「アワビ刺定食」(3000円)を食べた。アワビ刺を食べながら「三陸の海の幸」を実感。このあたり一帯は男性の海士(あま)漁が盛ん。
マップ:76M-3
取材日:2008年11月25日
所在地:岩手県田野畑村
松川温泉「イワナの塩焼き」 

写真は八幡平の秘湯、松川温泉の「松川荘」(73J-3/TEL:0195-78-2255)で食べた「いわな定食」(1000円)。ここは湯量豊富な温泉。自然度満点の混浴露天風呂では東北美人と一緒になったぞ。旅に出ると、こういういいこともある。そのあとで食べた名物「イワナの塩焼き」なので、もういうことなし。
マップ:73J-3
取材日:2008年8月28日
所在地:岩手県八幡平市
TEL:0195-78-2255(松川荘)
「盛岡冷麺」 

盛岡といえば「冷麺」。市内には何軒もの店がある。写真は盛岡駅前「三千里」(68E-2/TEL:019-622-5354)の「盛岡冷麺」(750円)。シコシコ麺の上には季節の果物がのっている。
マップ:68E-2
取材日:2009年10月26日
所在地:岩手県盛岡市
TEL:019-622-5354(三千里大通店)
「盛岡じゃじゃ麺」 

「盛岡じゃじゃ麺」といえば今では「わんこそば」、「盛岡冷麺」と並ぶ「盛岡三大麺」になっている。元は旧満州の炸醤(ジャージアン)麺。写真は盛岡駅構内(68E-2)立ち食店で食べた「盛岡じゃじゃ麺・大盛」(500円)。
マップ:68E-2
取材日:2010年12月11日
所在地:岩手県盛岡市
遠野「ジンギスカン」 

遠野の「あんべ」(64C-7/TEL:0198-62-4077)で食べた「ジンギスカン定食」(1200円)。「ジンギスカン」は今や遠野名物。国道283号沿いの「遠野食肉センター」でも味わえる。
マップ:64C-7
取材日:2010年9月6日
所在地:岩手県遠野市
TEL:0198-62-4077(あんべ)
花巻「イーハトーブ定食」 

花巻は宮沢賢治の故郷。北上川を見下ろす高台には「宮沢賢治記念館」。それに隣合ってレストラン「山猫軒」(63E-4/TEL:0198-31-2231)がある。賢治の作品『どんぐりと山猫』にちなんだ店名。ここの名物は「イーハトーブ定食」(1450円)。賢治の描いた理想郷の「イーハトーブ」には心ひかれるものがある。天ぷらや煮物、サトイモ、ひっつみ…。
マップ:63E-4
取材日:2009年10月27日
所在地:岩手県花巻市
TEL:0198-31-2231(山猫軒)
巣郷峠「馬刺」 

「馬刺」といえば信州の伊那や諏訪、熊本が有名だが、東北各地でも食べられる。東北の「馬刺」は伊那に負けない味だ。写真は巣郷峠上の「でめ金」(62D-1/TEL:0197-82-2830)の「馬刺定食」(1000円)。「峠のカソリ」にとって、「峠の馬刺」はたまらん! 
マップ:62D-1
取材日:2010年7月31日
所在地:岩手県西和賀町
TEL:0197-82-2830(でめ金)
湯田「すっぽんラーメン」 

「すっぽん料理」は温泉郷、湯田の名物。写真は「ほっとゆだ」駅前の「湯夢プラザ」(62F-7)で食べた「すっぽんラーメン」(890円)。このほか「すっぽん鍋定食」や「すっぽんうどん」もある。
マップ:62F-7
取材日:2005年7月27日
所在地:岩手県西和賀町
TEL:0197-82-2214(湯夢プラザ)
釜石「生ウニ丼」 

三陸海岸の生ウニはメチャウマ。写真は釜石の「丸藤」(59B-1)で食べた「生ウニ丼」。丼飯の上にごっそりと生ウニがのっている。名所、浄土ヶ浜の「浄土ヶ浜レストハウス」の「生ウニ丼」もおすすめ。
マップ:59B-1
取材日:2006年7月17日
所在地:岩手県釜石市
岩手「ひっつみ汁」 

岩手名物の「ひっつみ」がごっそり入った汁。写真の「ひっつみ汁」は国道397号の姥石峠の道の駅「種山ヶ原」(57L-4)で食べたもの。食べながらしみじみと「岩手」をも味わった。
マップ:57L-4
取材日:2006年7月17日
所在地:岩手県住田町
TEL:0197-38-2215(道の駅種山ヶ原)
前沢SA「前沢牛の焼肉丼」 

「前沢牛」といえば「米沢牛」と双璧をなす東北の「牛」のブランド。東北道の前沢SA(52C-1)では、その前沢牛の「焼肉丼」(1000円)を食べた。さすが前沢牛。肉はやわらかくって、それでいて噛みごたえがあって、かすかな甘味があった。2005年7月27日
マップ:52C-1
取材日:
所在地:岩手県奥州市
前沢SA「前沢牛のカレーライス」 

東北道の前沢SAはカソリの立ち寄りポイント。たいていここで食事をしてひと息入れる。そこでの大好きメニューはこれ、前沢牛の「カレーライス」だ。肉が「前沢牛」というだけで、ひと味違っておいしく感じられる。これがブランドのすごさ!? 
マップ:52C-1
取材日:2006年7月16日
所在地:岩手県奥州市
前沢SA「前沢牛のすき焼き丼」 

東北道の前沢SAで手ごろな値段で「前沢牛」を味わうのには、写真の「すき焼き丼」(950円)は絶好だ。食べながらすごく得した気分にもなれる。肉もふんだんに入っている。
マップ:52C-1
取材日:2009年8月17日
所在地:岩手県奥州市

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.61
    3月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税