カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

名物料理 青森編

投稿日:2011年5月9日

舌の上から東北を感じよう!

「名物にうまいものあり!」。ということで東北の名物料理を食べ歩こう! それらはきっとみなさんを満足させてくれるはずだ。旅に出ると五感がすごく鍛えられる。自分自身の舌でもって名物料理を味わい尽くし、感性を豊かにして各地の名物料理を通して東北を知ろう!

店名のあとのアルファベットと数字は『ツーリングマップル東北』での位置を示しています

大畑「イカ刺」 

下北半島の津軽海峡に面した大畑は「イカの町」。大畑漁港はイカ釣り船で埋つくされている。ここで食べる「イカ刺」は鮮度抜群! 写真は「きんぱ」(103E-5/TEL:0175-34-4009)の「イカ刺定食」(1600円)。イカの握りずし、イカの塩辛つき。
マップ:103E-5
取材日:2005年7月24日
所在地:青森県むつ市大畑町
TEL:0175-34-4009(きんぱ)
大間「マグロ丼」 

本州最北の大間は今や「マグロの町」。大間産の本マグロを求めて多くの人たちがやってくる。マグロ料理といえば何たって「マグロ丼」。写真は「住吉屋」(102J-1/TEL:0175-37-3170)の「マグロ丼」(2000円)。ぶ厚い切り身だ。
マップ:102J-1
取材日:2009年8月18日
所在地:青森県大間町
TEL:0175-37-3170(住吉屋)
大間崎「大間崎丼」 

大間崎の「本州最北端地碑」前の「かもめ食堂」(102J-1)の名物はボリューム満点の「大間崎丼」(1500円)。甘辛く煮たイカとホタテが丼飯の上にたっぷりのっている。
マップ:102J-1
取材日:2005年7月24日
所在地:青森県大間町
TEL:0175-37-3772(かもめ食堂)
野辺地「ホタテの刺身」 

「むつ湾温泉」(99D-7/TEL:0175-64-2611)は国道4号沿いの温泉宿&食堂。湯上りに食べた「ホタテ刺身定食」(800円)は忘れられない味。ホタテの刺身(写真)のほのかな甘味が口にほどよく残る。
マップ:99D-7
取材日:2009年10月26日
所在地:青森県野辺地町
TEL:0175-64-2611(むつ湾温泉)
野辺地「ホタテ丼」 

「レストラン常夜燈」(99E-7)の名物は「元祖・ホタテ丼」(1000円)。丼飯の上にびっしりとのったホタテにはコリコリ感のあるホタテのヒモとヤマイモ、イクラがのっている。
マップ:99E-7
取材日:2005年7月24日
所在地:青森県野辺地町
TEL:0175-64-0007(レストラン常夜燈)
陸奥湾「ホタテラーメン」 

陸奥湾はホタテの養殖が盛ん。ホタテ料理も数多くある。「ホタテラーメン」はそのうちのひとつ。写真は「はまなす」(99G-4)の「ホタテラーメン」(600円)。具だくさんで肉厚のホタテがうまい。ホタテの味のしみ出た汁も極細の麺もうまい。
マップ:99G-4
取材日:2009年8月18日
所在地:青森県横浜町
龍飛崎「海峡ラーメン」 

龍飛崎温泉「ホテル竜飛」(97E-3/TEL:0174-38-2011)の「海峡ラーメン」(840円)には、カニ、エビ、イカ、ホタテと、津軽海峡の海の幸がゴッソリ入っている。それを津軽海峡を見下ろしながら食べる。
マップ:97E-3
取材日:2008年12月12日
所在地:青森県外ヶ浜町
TEL:0174-38-2011(ホテル竜飛)
十三湖「しじみラーメン」 

岩木川河口の十三湖はシジミ漁が盛ん。湖畔の店では「シジミ料理」を名物にしている。そのうち「岩亮」(96D-2)で写真の「しじみラーメン」(700円)を食べた。そのほか「しじみのバター炒め」、「しじみ汁」などがある。
マップ:96D-2
取材日:2005年7月25日
所在地:青森県五所川原市
TEL:0173-62-3871(岩亮)
青森「生姜味噌おでん」 

日本各地に名物おでんがあるが、青森の「生姜味噌おでん」もそのひとつ。写真は青森市民病院近くの「檜家」(94E-2)の「生姜味噌おでん」。生姜味噌がピリッとした特有の味をつくり出している。「津軽そば」と一緒に食べて800円。
マップ:94E-2
取材日:2008年12月12日
所在地:青森県青森市
鰺ヶ沢「焼きイカ」 

「焼きイカ」は鰺ヶ沢の名物。一夜干しの焼きイカのうまさといったらない。町の入口には「焼きイカ通り」があって、焼きイカの店が並んでいる。そのうちの一軒、写真の「葛西商店」(93A-3)で名物「焼きイカ」(250円)を食べた。カンビールの欲しくなる味だ。
マップ:93A-3
取材日:2005年7月25日
所在地:青森県鰺ヶ沢町
五戸「桜鍋」 

東北各地で馬肉料理を食べられるが、五戸まきば温泉(90J-4/TEL:0178-62-5511)では湯上がりに大広間で馬肉鍋の「桜鍋」(1250円)を食べた。ヘルシーな馬肉。ここには馬刺もある。
マップ:90J-4
取材日:2009年8月17日
所在地:青森県五戸町
TEL:0178-62-5511(五戸まきば温泉)
平川「イワナの塩焼き」 

イワナは渓流魚の王様。イワナ料理の中では、塩焼きが一番、ポピュラーだ。平川市の山里にある「いわなの村」(89E-5)で「いわなの塩焼き」を食べた。写真は「いわなの塩焼きセット」で800円。ここではイワナを自分で釣って、それを料理してもらえる。
マップ:89E-5
取材日:2010年9月8日
所在地:青森県平川市
TEL:0172-55-2036(いわなの村)
十和田湖「ヒメマスの塩焼き」 

十和田湖といえば和井内貞行のヒメマスの養殖で有名だ。20世紀の初頭に成功させた。かつては魚の棲まない湖だった十和田湖だが、いまではヒメマス釣りの人気スポットになっている。そんな「ヒメマスの塩焼き」を十和田湖畔、休屋の「十和田食堂」(89I-7)で食べた。写真は「ヒメマスの塩焼き定食」(1690円)。
マップ:89I-7
取材日:2008年8月29日
所在地:青森県十和田市
TEL:0176-75-2768(十和田食堂)
暗門「暗門またぎめし」 

白神山地の名瀑、暗門の滝入口の「ふるさと交流センター」(87L-4)の名物は「暗門またぎめし」(1000円)。かつて白神山地には熊猟の猟師「またぎ」が多くいた。その名残の「またぎめし」だけあって、味つけしたご飯の上にはネマガリダケやキノコの山の幸がのっている。
マップ:87L-4
取材日:2008年8月30日
所在地:青森県西目屋村
TEL:0172-85-3021(ふるさと交流センター)

Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.61
    3月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税