カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

東北を走ろう! 男鹿半島コース

投稿日:2011年4月29日

日本海の海岸美となまはげにふれ 秋田→秋田

 なまはげで知られる男鹿半島。日本海に向かって吠えるゴジラ岩のある潮瀬崎や大桟橋など、西海岸は断崖絶壁が続く県道59号線はすばらしい海岸美を眺めながら走れる快走路。アップダウンとコーナーの連続で走りごたえも十分。入道崎に近い県道121号線は草原の道。海の眺めも最高。
 半島中央の真山神社には「なまはげ館」「男鹿真山伝承館」が隣接する。ここで本物のなまはげを体感できる。
 半島の中心を縦断するなまはげラインも気持ちのいい道。さらに男鹿半島を一望する展望ルート県道55号線の妻恋峠も外せないスポットだ。

写真下の数字とアルファベットは『ツーリングマップル東北』のページ数、位置を示しています。たとえば潮瀬崎の70J-7は70ページのJ-7を意味しています。

男鹿半島南西端の潮瀬崎 70J-7




男鹿半島最北端の入道崎 70I-2




なまはげの真山神社 70J-5




寒風山の妻恋峠 71C-2

ワインディングロードを登るにつれて、寒風山の山頂を間近に眺めるようになる。妻恋峠からは標高354メートルの山頂へ。そこには回転展望台。まさに男鹿半島一望の大展望台で、そこからは男鹿三山の山々を見る。秋田の市街地に向かってはスーッと弧を描いて海岸線が延びている。大潟村の八郎潟を干拓した大水田地帯も一望だ。とにもかくにも大展望がすごい寒風山だ


より大きな地図で 東北おすすめルート を表示

観光情報
男鹿市観光協会
秋田市観光ポータルサイト

Comments

Comments are closed.

Scroll Up