カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第103回 足寄

投稿日:2011年4月26日

2010年 林道日本一周・東日本編

1625峠目「池北峠」を越える

 十勝の本別から国道242号で足寄へ。
 足寄に到着すると、町の入口にある足寄温泉(入浴料300円)に入る。建物は粗末なプレハブだが、薄茶色をした湯はなかなかいい。源泉の湯温は43・2度。ジャスト適温の温泉だ。
 足寄温泉の湯から上がると足寄の町中に入り、道の駅「あしょろ銀河ホール21」に寄っていく。そこでは北海道遺産にもなっている螺湾(らわん)の大ブキが紹介されている。足寄出身の歌手、松山千春さんと一緒に写っている「螺湾ブキ」は、人の背丈をはるかに超えている。すごい大きさだ。
 さっそくスズキDR-Z400Sを走らせ、その螺湾ブキを見に行く。
 足寄から国道241号で足寄峠の方向に走り螺湾の集落へ。そこから道道664号に入り、『ツーリングマップル北海道』(P35E?5)に「螺湾ブキ」(日本一と言われる大きな螺湾ブキが群生。見頃は7月中旬。小人になったような気分)の載っているあたりでDRを停める。そこで道端に群生している大ブキを見て、足寄に戻った。
 足寄から今度は国道242号を北上し、陸別へ。
 陸別に到着すると、町中の道の駅「オーロラタウン93りくべつ」でDRを停める。その名の通り、陸別はオーロラの見える町。日本でオーロラが見えるとは…、いや、これは驚きだ。
 道の駅「オーロラタウン93りくべつ」は、北海道ちほく鉄道ふるさと銀河線の陸別駅跡。ここには当時の列車が動態保存されている。ふるさと銀河線は旧国鉄の池田と北見を結ぶ池北線。北海道からあっというまに鉄路が消えていったが、ふるさと銀河線もそのうちのひとつで2006年に廃線になった。地元のみなさんはさぞかしガッカリしたことであろう。
 陸別からさらに国道242号を北へ。その途中では何度となく、ふるさと銀河線の線路跡を見た。
 国道242号の池北峠を越え、十勝から北見に入っていく。峠上は平坦で、峠に立って眺める風景は「池北高原」といったところで、高原そのもだ。
 ぼくは日本中の峠を越えようと、1975年以来、バイクでの「峠越え」をつづけている。最近ではなかなか新しい峠を越えられないでいるが、うれしいことにこの池北峠は初峠で、通算すると1625峠目になる。
 池北峠を越えると置戸(おけと)を通り、留辺蕊(るべしべ)で国道39号に出た。
 留辺蕊からは国道39号で石北峠を越え、夜の層雲峡を走り抜け、JR石北線の上川駅の駅前食堂「明石」で夕食。「天ぷら定食」(1000円)を食べた。天ぷらのメインはサケ。いかにも北海道らしい「天ぷら定食」だ。
 夜の国道39号を走り、23時、旭川に到着。駅前の「東横イン」に泊まった。

より大きな地図で 林道日本一周東日本編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル北海道 35,40,41,42あたり

足寄→陸別→留辺蘂→層雲峡→旭川

足寄温泉
足寄の「セイコーマート」でひと休み


国道241号の螺湾
螺湾の大ブキ


DRと比べてこの大きさ
松山千春と比べてこの大きさ


道の駅「オーロラタウン93りくべつ」
ふるさと銀河線の廃線跡


国道242号の池北峠
池北峠からの眺め


留辺蕊から国道39号で旭川へ
JR石北線の上川駅


上川駅前食堂の「明石」で夕食
旭川駅前に到着!


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.64
    9月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税