カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第102回 道東林道

投稿日:2011年4月25日

2010年 林道日本一周・東日本編

62.449km、日本一なが〜い林道へ

 帯広を出発。スズキDR-Z400Sを走らせ、国道38号を行く。幕別を過ぎると十勝川と平行した道。十勝の大平原を見ながら走る気分はたまらない。
 十勝川を渡り浦幌へ。浦幌からは道道56号→道道947号で留真温泉へ。残念ながら留真温泉は休業中(2011年3月14日リニューアルオープン)で入れなかったが、そこから北海道最長ダートの道東林道に入っていく。留真温泉の脇からダートがはじまる。
 バイクを停めたときが大変だ。まるで群がるようなアブ。手で振り払うのだがほとんど効果なし。早々にDRを走らせ、アブの猛攻から逃げた。
 留真温泉から12・2キロ走ったところにゲート…。残念ながらそこで引き返し、留真温泉に戻った。
 この道東林道は「林道日本一周1999」ではほぼ全線を走っているので、10年前の林道走行の様子をお伝えしよう。

北海道のナンバーワン林道を走る

 帯広から国道38号で釧路に向かう。その途中で、池田のワイン城に寄り道。ワイン城のある「レストラン十勝」で十勝ワインつきの十勝牛のステーキを食べた。肉のうまさはもちろんのこと、ステーキに添えてあるトウモロコシとジャガイモ、ニンニクの芽がうまかった。さすが北海道だ。
 国道38号に戻ると、十勝川を渡り、浦幌へ。ここから北海道最長林道の道東林道に向かっていく。
 道道56号→道道947号で留真温泉へ。
 留真温泉の“つるつるの湯”につかったあと、道東林道に入っていく。宿の前でいきなり2車線の道道の舗装路がダートに変わる。その変わり方がなんとも鮮やかだ。
 道東林道ですごかったのはエゾジカとの遭遇。66・7キロのダート区間中、全部で8回、頭数にすると19頭のエゾジカと遭遇した。夫婦と子供なのだろうか、3頭のエゾジカをよくみかけた。コーナーを曲がったところで、いきなり3頭のエゾジカが飛び出してきたときは、あわや激突寸前。ほんとうに肝を冷やした。
「(これだけエゾジカが多いと)相当、森も荒らされるのだろうなあ…」
 と、林業関係者に同情してしまった。
 道東林道は何本もの支線の林道が枝分かれしているが、“道東林道”とか“道東スーパー林道”の道標を追っていくと、道を間違えずに走っていける。
 66・7キロのダートを走り、あともうすこしで国道274号に出るというところで大崩落。国道を疾走するトラックの音が聞こえるというのに…。残念ながらそこから引き返し、支線を経由して国道274号の釧勝峠近くに出た。そのため、さらにダートを11キロ、余分に走った。
 国道274号の釧勝峠のトンネルを抜け、本別に下るころには日が暮れた。
 本別から国道242号でワイン城のある池田を経由して国道38号に出る。そして夜の10時過ぎに浦幌に戻った。
 221キロの「浦幌→浦幌」。
 その夜は浦幌の国道近くで野宿し、翌朝、釧路に到着した。

 留真温泉から道道56号に戻ると、今度は北へと走る。沿線には十勝の大牧場やジャガイモ畑、ビート畑が広がる。国道274号に合流すると本別へ。町中のラーメン店「赤えぞ」でこってり味の「バターラーメン」(700円)を食べた。

より大きな地図で 林道日本一周東日本編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル北海道 27あたり

留真温泉→道東林道→本別町

道東林道の案内板
道東林道を行く


道東林道のゲート
本別の町並みを望む




本別で食べた「バターラーメン」

Comments

Comments are closed.

  • 日本一周中

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.186
    9月23日発売

    特集

    「生涯旅人」賀曽利隆

     ロングインタビュー


    風まかせ No.64
    9月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセスできます

    PCと同じアドレスで、携帯からもアクセスできます。 このQRコードをご活用ください。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。