カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第94回 真昼岳・峰越林道

投稿日:2011年4月16日

2010年 林道日本一周・東日本編

林道途中でスタック車両に遭遇!

 東鳴子温泉「初音旅館」の朝湯に入り、朝食をいただく。
 宿のすぐ前がJR陸羽東線の鳴子御殿湯駅。新庄行の列車が通り過ぎていった。
 列車の走り過ぎていく音を聞きながら食べる部屋での朝食がいい。
 食べ終わると、
「また来ますからね」
 といって、おかみさんと若旦那に見送られ、「初音旅館」を出発。
 おかみさんは、昼食用の「おにぎり」をつくってくれた。
 ありがとうございます!
 東鳴子温泉から国道47号→国道457号で一関に向かっていく。奥羽山脈の山並みを眺めながらスズキDR-Z400Sを走らせ、宮城・岩手の県境を越える。
 岩手県に入ると、一関からは国道4号→国道107号で湯田へ。
 奥羽山脈の山裾に点在する湯田温泉郷では、JR北上線のほっとゆだ駅の駅舎温泉「ほっとゆだ」(入浴料250円)の湯に入った。
 浴室内には鉄道用の信号がある。列車到着の45分前になると信号は青になる。30分前になると黄色、15分前になると赤信号に変わる。それ以外の時間帯は無灯火だ。
 今では日本各地に駅舎温泉ができているが、「ほっとゆだ」はその走りだ。
 湯田から県道1号で盛岡方向に走り、10キロほど走ったところで左折し、真昼岳林道に向かっていく。その途中では真昼温泉の共同浴場(入浴料250円)に入る。素朴な温泉。湯から上がり、さっぱりした気分で真昼岳林道へ。県道1号から4・7キロ地点でダートに突入だ。
 真昼岳林道の岩手県側はかなりラフ。峠への登りは勾配がきつく、道幅も狭く、所々、かなりガレた区間もある。
 峠に近づいたところでは信じられないような光景を見た。
 秋田ナンバーの乗用車が倒木にタイヤをとられ、スタックしていた。
 運転手はおそらく助けを求めて山を下ったのだろう、その姿はなかった。
 林道の右側は倒木がじゃまして通れない。そこで車の左側をすり抜けていくしかないのだが、一歩間違えれば、転落して何百メートルも下の谷底に真っ逆さまだ。
 人が歩けるほどの踏み分け道をつくり、DRに乗ってそろりそろりと走る。転倒しても谷底に落ちないように右側に重心をかけた。
 あともう一歩で抜けられるというところに大石。どうしてもそこは越えなくてはならない。だが、乗ったままでは無理…。そこでDRを降り、谷底に落ちないように細心の注意を払い、DRのギアを2速に入れて半クラッチでエンジンを吹かし、押し上げた。
「やった!」
 谷底に転落することもなく、その倒木の現場を突破した。
 岩手県側のダート、13・8キロを走ると、岩手・秋田県境の真昼岳峠に到達。
 峠は奥羽山脈の真昼岳(1059m)の登山口になっている。人気の山で、峠には登山車の車が何台か、見られた。マイクロバスまで登ってきている。
 真昼岳林道は秋田県側では峰越林道になるが、よく整備された林道で道幅も広い。さきほどの秋田ナンバーの乗用車も、峠で折り返していれば何の問題もなかったのに…。
 峠をわずかに下ったところには「峰越延命水」が岩肌から湧き出ている。奥羽山脈の名水を飲みながら、「初音旅館」のおかみさんがつくってくれた「おにぎり」を食べた。
 秋田県側の下りは楽。11・0キロのダートを走り切り、舗装路に出たが、真昼岳・峰越林道のダートは24・8キロ。20キロ超のロングダートだ。
 秋田県側では、奈良時代から平安時代にかけての役所跡と思われる「払田柵跡」を見たあと、仙北温泉「柵の湯」(入浴料400円)に入る。大浴場と露天風呂。無色透明の湯。湯から上がると隣接している「餅の館」(入館無料)を見学した。ここはすごい。まさに日本の餅博物館といったところで400種もの餅が展示されている。一見の価値あり! さらに奥羽山脈の山裾の川口温泉「奥羽山荘」(入浴料400円)の湯に入る。大浴場と露天風呂。湯から上がると、右手に奥羽山脈の山並みを眺めながらDRを走らせ、県道50号を北に向かった。

より大きな地図で 林道日本一周東日本編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 61,62

ほっとゆだ→真昼岳林道→峰越林道→払田柵跡→仙北温泉→川口温泉

東鳴子温泉「初音旅館」の朝湯
「初音旅館」の朝食


「初音旅館」を出発
国道457号を行く


宮城県から岩手県に入る
ほっとゆだ駅の「ほっとゆだ」


真昼温泉
真昼岳林道のダートに突入!


真昼岳林道を登っていく
乗用車が立ち往生…


難関を突破!
真昼岳峠へ


霧の真昼岳峠
「峰越延命水」


昼食の「おにぎり」
奥羽山脈の山並みを眺める


「払田柵跡」
仙北温泉「柵の湯」


「餅の館」の展示
川口温泉「奥羽山荘」の湯



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • メルマガ「カソリング」

    「賀曽利隆の六大陸周遊記」配信中
    メルマガ購読・解除
     
  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    風まかせ No.61
    3月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税