カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第92回 南蔵王・不忘山林道

投稿日:2011年4月14日

2010年 林道日本一周・東日本編

桃源郷「赤湯」から20キロ超のロングダートを目指す

 米沢から国道13号で赤湯(南陽市)へ。この米沢盆地の豊かな風景を見て、イギリス人の女性旅行家イサベラ・バードは、「ここはアジアのアルカディア(桃源郷)だ」といっている。
 イサベラ・バードが日本にやってきたのは明治11年(1878年)。47歳のときのことだった。
 彼女は次のように書いている。

 米沢平野は南に繁栄する米沢の町があり、北には湯治客の多い温泉場の赤湯があり、まったくエデンの園である。「鋤で耕したというよりも鉛筆で描いたように」美しい。米、綿、とうもろこし、煙草、大豆、茄子、くるみ、水瓜、きゅうり、柿、杏、ざくろを豊富に栽培している。実り豊かに微笑する大地であり、アジアのアルカディア(桃源郷)である。自力で栄えるこの豊沃な大地は、すべて、それを耕している人々の所有するところのものである。彼らは、葡萄、いちじく、ざくろの木の下に住み、圧迫のない自由な暮らしをしている。これは圧政に苦しむアジアでは珍しい現象である。
(『日本奥地紀行』平凡社)

 米沢盆地にやってくるたびに、このイサベラ・バードの「アジアのアルカディア」が頭に浮かぶ。
 赤湯温泉のある赤湯からは、ゆるやかな峠を越えて上山へ。米沢盆地から山形盆地に入ったのだ。
 上山ではまず「最上三十三ヵ所」の第10番札所、上山観音を参拝し、その下にある上山温泉の共同浴場「下大湯」(入浴料150円)に入った。「下大湯」は人気の共同浴場。いつもは何人もの人たちが入っているが、今日はたまたま自分1人。大浴場の湯にゆったり気分でつかった。
 上山からは県道263号を行く。国道13号を横切り、奥羽山脈の山並みに向かって一気に突き進んでいく。最後の萱平を過ぎると南蔵王林道のダートに突入。そこは国道13号から12・3キロの地点。比較的よく整備されたダートを走り、奥羽山脈の舟引山(1172m)山頂直下の峠に向かって登っていく。
 山形・宮城県境の峠までは7・6キロのダート。ここから宮城県側の不忘山林道に入っていくのだが、北に延びる山上道があるので要注意。この道は途中で行き止まりになる。
 舟引山の山頂直下の峠から宮城県側の不忘山林道を下っていく。山形県側の南蔵王林道に比べるとラフな路面。不忘山の南側を縫う14・1キロのダートを走り切り、県道51号に出る。南蔵王・不忘山林道はダート21・7キロ。20キロ超のロングダートだ。
 標高1705メートルの不忘山は南蔵王の主峰になっている。
 アップダウンが連続する県道51号を走り、県道からわずかに入ったところにある蔵王開拓温泉(入浴料1000円)に寄っていく。ここの大露天風呂は魅力。温泉の周辺はまさに開拓地を思わせる風景だ。
 国道457号に出ると、国道沿いの「出口川ドライブイン」で「ざるそば」を食べた。そばもうまかったが、出してくれた水のうまさが心に残った。店のオバチャンがやさしい人だった。
 国道457号で遠刈田温泉へ。ここでは共同浴場の「神の湯」(入浴料300円)に入る。木をふんだんに使った建物。源泉は65・7度の高温湯。「あつい湯」と「ぬるい湯」の2つの湯船があるが、「あつい湯」は44・1度でほんとうに熱い。「ぬるい湯」は40・6度で温いというよりもジャスト適温。ともに濁り湯で、さすが「遠刈田!」と思わせる泉質の良さを感じさせる温泉だ。
「神の湯」から上がると、すぐ近くの蔵王大権現をまつる刈田嶺神社を参拝。ここは東北では数少ない式内社(延喜式内社)のひとつで、その歴史の古さがうかがえる。
 遠刈田温泉からは国道457号で仙台に向かった。

より大きな地図で 林道日本一周東日本編 を表示
今回のエリア:昭文社ツーリングマップル東北 29あたり

赤湯→南蔵王林道→不忘山林道→蔵王開拓温泉→遠刈田温泉

上山の上山観音を参拝
上山温泉の共同浴場「下大湯」




「下大湯」に入る

奥羽山脈に向かって突っ走る
南蔵王林道のダートに突入!


山形・宮城県境の峠に到達
宮城県側の不忘山林道を下っていく


蔵王開拓温泉の露天風呂
国道457号沿いの「出口川ドライブイン」


「出口川ドライブイン」の「ざるそば」
正面に遠刈田温泉を見る


遠刈田温泉の共同浴場「神の湯」
刈田嶺神社を参拝


Comments

Comments are closed.

  • 日本一周中

  • 新刊紹介


    タンデムスタイル No.186
    9月23日発売

    特集

    「生涯旅人」賀曽利隆

     ロングインタビュー


    風まかせ No.64
    9月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセスできます

    PCと同じアドレスで、携帯からもアクセスできます。 このQRコードをご活用ください。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。