カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第84回 大鍋林道

投稿日:2011年4月4日

2010年 林道日本一周・西日本編

スズキビッグボーイで走る中部圏エクストラ編

「林道日本一周・西日本編」を終えた翌日の5月30日からは「エクストラ編」と称して、スズキの250?バイク、ビッグボーイを走らせ、7月19日までの間で16日間、中部圏をまわった。全走行距離は4343キロ。その間では36本の林道を走り、ダート距離の合計は120・2キロになった。
 ビッグボーイでまわった中部圏の「エクストラ編」をかいつまんでお伝えしよう。
 まずは静岡県内だ。
 伊豆半島ではダート5・9キロの大鍋林道を走ったが、それ以外は全滅で、すべて通行止めになっている。かつての「林道天国」の面影はまったくない。
「林道日本一周1999」で走ったときは12・0キロのロングダートだった愛鷹山中腹の愛鷹林道は通行止め。金谷から大井川沿いに走って入った南赤石林道では、山犬段(1404m)まで行ったが、かつてのロングダートは舗装化が進み、往復してもダート距離は10・4キロでしかなかった。
 かつては東海地方随一のロングダートの天竜スーパー林道だが、わずかに残っていたダート区間も舗装され、今では全線舗装。愛知県境の瓶割峠に通じている奥山林道はダート6・9キロ。ほとんど変らないダート区間が残っているのがうれしかった。
 愛知県内では豊川から雁峰林道を走ったが、かつてのロングダートは今では全線舗装。岐阜県内では御岳御厨野林道で長野県境の鞍掛峠を越えようとしたが通行止め…。
 長野県内では国道152号の分杭峠から前浦林道に入っていこうとしたが、信じられないような「ゼロ磁場」人気で大勢の人たちが押し寄せ、林道は通行止め。「林道日本一周1999」で走ったときは、まったく訪れる人もないダート7・5キロの前浦林道だったが…。この10年のあまりの変化の大きさに驚かされてしまう。
 かつてのロングダートの代名詞だった奥志賀林道も今では全線舗装。
 日本最高所の自動車道の峠、標高2360メートルの大弛峠を越える川上牧丘林道も山梨県側は全線舗装になってしまったが、長野県側には9・0キロのダート区間が残っていた。茂来林道はダート9・6キロでわずかに10・0キロには届かなかった。
 山梨県内では「林道日本一周1999」で走ったときは12・7キロのロングダートだった小字沢林道が全線舗装になっていた。同じくダート12・7キロだった五開茂倉林道は通行止め、ダート13・2キロだった雨畑井川林道も通行止めだった。
 剣抜大洞林道は舗装化が進み、ダート区間は8・9キロになっていた。
 新潟・長野県境の乙見山峠(1510m)を越える妙高小谷林道は、ビッグボーイで走った中部圏「エクストラ編」での唯一のロングダート。
 妙高小谷林道に向かったのは6月11日。豪雪で知られる妙高小谷林道だが、6月に入ったのだからもう大丈夫だろうと思っての旅立ちだ。東京から中央道→長野道→上信越道と高速道を走りつなぎ、妙高高原ICで降りた。
 国道18号から県道39号に入り、杉野沢温泉「苗名の湯」(入浴料450円)に入り、笹ヶ峰牧場へ。その先で妙高小谷林道のダートに突入だ。
 林道沿いの新緑が目にしみた。ちょうど山菜の季節で、林道には山菜採りの車がけっこう入ってきた。これならば乙見山峠を越えて長野県側に抜けられるだろうと思ったが、甘かった…。
 8・2キロのダートを走り、あともうひと息で峠という地点で残雪の壁が林道をふさいでいた…。6月も下旬にならないと除雪が終らないとのことだった。
 そこで「林道日本一周2010」を終えた後のことになるのだが、10月23日に再度、妙高小谷林道に向かった。ダートに突入すると、まばゆいばかりの紅葉。すばらしい紅葉美の林道だ。
 峠に向かって高度を上げ、6月の「残雪の壁」の地点を通過する。そして新潟・長野県境の乙見山峠のトンネルを抜けた。
 長野県側を下っていくと峠から2・1キロで舗装路になった。ダート11・5キロの妙高小谷林道を走り切り、小谷温泉から国道148号へと下っていった。

より大きな地図で 林道日本一周エクストラ編 を表示

中部圏の林道事情

大鍋林道(静岡)
愛鷹林道(静岡)


南赤石林道(静岡)
奥山林道(静岡)


御岳御厨野林道(岐阜・長野)
川上牧丘林道(長野・山梨)


茂来林道(長野)
雨畑井川林道(山梨・静岡)


剣抜大洞林道(山梨)
上信越道の妙高高原IC


杉野沢温泉「苗名の湯」
新緑の妙高小谷林道のダートに突入!


残雪の壁にはばまれる…
正面には妙高山


紅葉の妙高小谷林道のダートに突入!
新潟・長野県境の乙見山峠からの眺め


乙見山峠のトンネル
乙見山峠を越えて長野県に入る


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税