カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第68回 雪彦峰山林道

投稿日:2011年3月17日

2010年 林道日本一周・西日本編

関西圏では林道の舗装化が急速に進んでいる

 八鹿(養父市)から国道9号を行き、とがやま温泉「天女の湯」、関宮温泉「万灯の湯」の2湯に入り、関宮から県道714号で加保坂峠に登っていく。峠に到達するとスズキDR-Z400Sを停め、
「さー、行くぞ!」
 と声をかける。
 いよいよここからは何本もの林道を走りつないでいくのだ。加保坂峠はその入口だ。
 まずは相地轟林道。加保坂峠から稜線上を行く林道だが、残念…、全線が舗装化されていた。T字でぶつかる天谷尾ノ谷林道を南側に下っていったが、この林道も全線が舗装路になっていた。
「おー、これが関西…」
 と思わず声が出る。
 関西圏では紀伊半島も北近畿も、林道の舗装化が急速に進んでいる。
 県道48号に出ると、播但(播磨・但馬)国境の中央分水嶺の峠、若杉峠を越え、養父市から宍粟市に入る。
 峠を下ってすぐに左折し、志倉道谷林道に入っていく。舗装路がつづき、
「またか…」
 という思いにとらわれたが、県道から1・9キロ地点でダートに突入し、ほっとした気分になる。荒れ気味のダートを飛ばし、峠を越えて7・4キロのダート区間を走り、国道429号に出た。志倉道谷林道はこのエリアで唯一のダートらしいダートだ。
 国道429号のすぐ近くにある一宮温泉「まほろばの湯」(入浴料600円)に入る。大浴場と露天風呂の湯は塩分を含んだ湯。かなりきつい消毒剤の臭いがするが我慢、我慢。湯から上がると国道429号経由で山間の千町の集落へ。そこから千町段ヶ峰林道に入っていく。ここもまさかの全線舗装化…。
 ススキの大草原が広がる砥峰(とのみね)高原に出ると峰山林道に入っていく。峰山林道も舗装化が進んでいるが、3・4キロと1・1キロの2区間のダートが残っていた。全線の舗装化が間近な峰山林道だ。
 ダート4・4キロの峰山林道を走りきると、県道8号の坂の辻峠に出る。そこからは雪彦峰山林道に入っていく。かつては20キロ超のロングダートの雪彦峰山林道だが、ここも全線舗装…。
「あー」
 と、出るのはため息ばかり…。
「こういうときは温泉だ!」
 とばかりに雪彦温泉(入浴料700円)と香寺温泉「香寺荘」(入浴料700円)の湯に入った。
 雪彦温泉は「日本三彦山」のひとつ、雪彦山(せっぴこさん・915m)山麓の温泉。大浴場と露天風呂の湯には気持ちよく入れた。なお「日本三彦山」というのは「九州編」でまわった福岡の英彦山(ひこさん)と新潟の弥彦山(やひこさん)になる。3山ともに日本の修験道の霊山だ。
 香寺温泉の「香寺荘」は「300日3000湯」のときにひと晩泊まった温泉宿で、大浴場と露天風呂の湯につかりながら、何ともいえないなつかしさを感じた。
 香寺温泉の湯から上がると、但馬街道の国道312号に出、福崎の町並みを走り抜けて北へと走る。朝来市に入るとまもなく生野(いくの)。この生野の町並みを抜け出たところが中央分水嶺の名無し峠だ。どこが峠なのか、わからないままに通り過ぎてしまうような峠だが、ここは重要なポイントだ。
 生野の名無し峠を越え、ゆるやかな峠道を下り、円山川沿いに走り和田山(朝来市)に出た。
 ここでは和田山温泉「奥香の湯」(入浴料600円)に入る。高級感の漂う各種湯船。無色透明の湯は温め。湯から上がると「鍋焼御膳セット」(1100円)を食べた。
 和田山からは国道9号のナイトラン。夜久野峠を越えて兵庫県から京都府に入る。
 福知山、亀岡と通り、老ノ坂峠を越え、22時30分、京都に到着。四条大宮の「東横イン」に泊まった。

より大きな地図で 林道日本一周 を表示

フォトアルバム

県道714号の加保坂峠
県道48号の若杉峠


志倉道谷林道のダートに突入!
志倉道谷林道の峠


国道429号
一宮温泉「まほろばの湯」


舗装林道の千町段ヶ峰林道
砥峰高原


峰山林道に入る
峰山林道の幅広ダート




県道8号の坂の辻峠

雪彦温泉
香寺温泉「香寺荘」の露天風呂


和田山温泉「奥香の湯」
夕食の「鍋焼御膳セット」



Comments

Comments are closed.

  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)

    アンダー400 No.64
    6月6日発売


    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

    風まかせ No.62
    5月6日発売


    連載

    「焚火日和」

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • ツーリングマップル

    東北四端紀行・奥の細道紀行に
    最適なナビゲーター

    2017年版発売

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄


    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」
    北海道東北関東 甲信越
    中部 北陸関西
    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税