カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第45回 白髪狗留孫林道

投稿日:2011年2月9日

2010年 林道日本一周・西日本編

 鹿児島中央駅前を出発。鹿児島ICで九州道に入る。
 鹿児島県から宮崎県へと一気に走り、えびのICで九州道を降りる。目の前には韓国岳(1700m)から新燃岳(1395m)、高千穂峰(1574m)と霧島連峰の山々が連なっている。霧島連峰の山々はすべてが火山で、「火山国・日本」を象徴するかのような風景だ。
 まずは温泉。「林道前」の温泉ということで、えびの高原の白鳥温泉へ。スズキDR-Z400Sのエンジンをふかし、霧島連山の最高峰、韓国岳(からくにだけ)に向かって登っていく。
 白鳥温泉は霧島連峰の白鳥山の中腹にある温泉。下湯と上湯の2湯に分かれている。
 最初は「下湯」(入浴料300円)に入る。大浴場と露天風呂。広々とした大浴場の大風呂が気持ちいい。
 下湯から白鳥神社のわきを通り、さらに登ったところに上湯がある。ここはカソリ、オススメの湯だ。木造の湯屋。内風呂と露天風呂があって、とくに露天風呂からの眺めは絶景だ。足もとには九州第2の大河、川内川(せんだいがわ)上流の加久藤盆地が広がり、その向こうには宮崎・熊本県境の山々が連なっている。正面の山並みが落ち込むあたりが加久藤峠。九州道と国道221号の長大なトンネルが峠を貫いている。赤茶けた湯につかりながら絶景を心ゆくまで楽しんだ。
 国道221号に戻ると、えびの市と小林市の境まで行ってみる。
 えびの・小林の市境はゆるやかな峠。名前はついていない。だがこの峠は重要で、川内川と大淀川を分けている。川内川は九州第2の大河で東シナ海に、大淀川は宮崎で日向灘に流れ出る。国道221号の名無し峠は中央分水嶺の峠になっている。
 えびの・小林の市境の峠で折り返し、えびの市側に戻ったところから、白髪狗留孫林道に入っていく。国道221号から3・1キロ地点でダートに突入。路面のよく整備された走りやすい林道だ。
 川内川最上流部の狗留孫峡(くるそんきょう)の渓谷美を見ながら走り、ダートに突入してから9・7キロ地点で狗留孫神社との分岐点。この分岐点を過ぎると登りが始まり、12・3キロ地点で宮崎・熊本の県境を越える。ここまでが狗留孫林道。川内川の源流にかかる橋が県境になっている。
 熊本県に入ったところからは白髪岳(1416m)の西側を通る白髪林道になり、温迫峠へ。峠の手前で舗装路に変った。白髪狗留孫林道のダートは18・1キロ。そこから200メートルほどで峠に到達する。
 温迫峠は標高930メートル。九州屈指の「絶景峠」で、眼下には広々とした球磨川流域の人吉盆地を見下ろす。いくつもの町々を眺める。中央を流れる球磨川がキラキラと光っている。その向こうには九州山地の中央部へとつづく山々を一望する。
 温迫峠からは榎田林道で榎田の集落に下っていったが、全線が舗装化されていた…。
 県道43号に出ると錦町へ。ここでは「林道後」の温泉で、「錦町温泉センター」(入浴料300円)の湯に入った。
「林道前」の温泉、「林道後」の温泉と、林道をからめて入る温泉はたまらない。

フォトアルバム

鹿児島ICから九州道に入る
九州道のえびのIC近くから見る霧島連峰


白鳥温泉下湯の大浴場
白鳥温泉上湯の大浴場


白鳥温泉上湯の露天風呂
国道221号を行く


白髪狗留孫林道のダートに突入!
狗留孫峡の渓谷美を眺めながら走る


狗留孫神社との分岐点
九州第2の大河、川内川の源流


温迫峠
「錦町温泉センター」の湯


Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.64
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税