カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第33回 大椿林道

投稿日:2011年1月25日

2010年 林道日本一周・西日本編

中国地方第一の都市広島は、意外にもダートに近い街だった

 さー、林道だ!
 広島駅前に戻ると、「林道日本一周・中国山陽編」の林道群を目指して走り出す。
「DRよ、頼むぞ!」
 スズキDR-Z400Sにひと声かけ、広島の中心街から中国縦断の幹線、国道54号を北上。山陽道の広島ICを過ぎたあたりの国道の左手にある「ライダーズショップ広島・緑井店」でDRを停める。
 店長の山崎正雄さんは「バイクツーリング命」といったような方で、それも大のオフロード派。一番の愛車はDR-Z400Sなのだ。
 広島を中心として山陽・山陰の林道を走りまくっている。
「ライダーズショップ広島・緑井店」にやってきたのは、そんな山崎さんの林道マップを見せてもらうためだった。
 中国地方にはこれといった林道はないと思い込んでいたが、林道情報を細かに書き込んだ山崎さんの林道マップを見せてもらうと、
「おー!」
 と思わず歓声を上げてしまうほど。
 それには何本ものダートルートが書き込まれている。
 山崎さんの、どの交差点を曲がったらいいとか、林道入口のポイントや目印など、ていねいな説明を聞きながら、それを自分の『ツーリングマップル中国・四国』に写しとらせてもらった。
 そのあとは「ワラビ餅」をいただきながらの楽しい歓談だ。
 DRのオイル交換をしてもらい、お店のみなさんの見送りを受けて出発。走りだしても山崎さんの暖かさがいつまでも心に残った。
 山崎さーん、ほんとうにありがとう!!!

より大きな地図で (株)ライダースショップ広島 緑井店 を表示
 国道54号から県道37号に入り、第1本目の大椿林道に入っていく。県道の入口から7・4キロ地点でダートに突入。3・7キロのダートを走ったが、まさか中国第一の大都市、広島の市街地の近くにダートの林道があるとは夢にも思わなかった。
 第2本目は牛岩林道(仮称)。山崎さんに教えられた通り、「日本一うまいラーメンの店・たんぽぽ」のわきから入っていく。入口から1・4キロ地点にゲート。それには鍵がかかっているが、牛岩の集落の各家に鍵があるとのことで、これも山崎さんに教えられたように鍵を借りにいった。だが、残念…、何軒かの家で声をかけたのだが、どのお宅も留守。仕方ないな…と、この牛岩林道は諦めた。
 第3本目はダート県道80号。県道33号から入っていったが、幅広の県道は突如、狭路に変り、2・8キロ地点でダートに突入。2・9キロのダートを走った。ダートから舗装路になり、10・7キロ地点でさきほどの県道37号に出た。
 これら3本の林道からわかるように、広島のすぐ近くまで山々が迫っている。

フォトアルバム

広島から国道54号を北上
「ライダーズショップ広島・緑井店」


「ライダーズショップ広島・緑井店」の店内
これが山崎店長の林道マップ


ワラビ餅をいただく
「ライダーズショップ広島・緑井店」でDRのオイル交換


みなさんの見送りを受けて出発
大椿林道


大椿林道のダートに突入!
大椿林道からの眺め


牛岩林道(仮称)のゲート
牛岩の田植えの終った水田




ダート県道80号

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」


    アンダー400 No.64
    6月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    御殿場編

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税