カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

第6回 坂本探訪

投稿日:2010年12月20日

2010年 林道日本一周・西日本編

比叡山延暦寺の門前町「坂本」をめぐる

 龍谷大学の須藤教授のお宅で「林道日本一周」の第1夜目を泊めてもらい、翌朝は夜明けとともに坂本を歩いた。
 朝食までの2時間ほどの坂本ぷらぷら歩きはじつに心に残るものになった。
 まずは須藤先生宅のすぐ近くにある御田神社(みたじんじゃ)を参拝。境内には楠の大木がある。
 次に京阪の坂本駅へ。駅まで歩いて2分。ここは石山坂本線の始発駅で、ホームには石山寺(いしやまでら)行きの始発電車が停まっていた。
 坂本は天台宗の本山、比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)の門前町だが、坂本駅の駅前にある生源寺(しょうげんじ)は伝教大師(でんきょうたいし)誕生の地。伝教大師というの天台宗の開祖、最澄のこと。境内には伝教大師産湯の井戸が残されている。大師の幼少時代の像も建っている。
 坂本駅からは古い町屋がつづく目抜き通りを歩く。ここには伝統的な景観がまるでタイムスリップしたかのように、きれいに残されている。
 老舗のそば屋、塩屋、豆腐屋、桶屋…などが目につく。その中には榊宮社(サカキノミヤシロ)があり、穴太積(あのうづみ)の石垣が見られる。「穴太積」は日本でも代表的な石積みのひとつになっているが、坂本に近い穴太(京阪電車でいえば坂本の2つ先の駅)の石工衆たちが造った石垣である。
 残念ながら比叡山に登っている時間はない。
 そこですこしでも比叡山の空気を吸おうと登山口から石段を登り、しばらく歩いたところで引き返した。次に比叡山高校の脇から入っていく小道で比叡山のケーブル駅へ。そこでも比叡山の空気を吸った。
 比叡山のケーブル駅からはすぐ近くの日吉東照宮へ。ここは日光東照宮の元になったところ。そういわれてみると「なるほど」と納得できる造り。
 日吉東照宮は日光東照宮に先立って寛永11年(1634年)に造られ、徳川家康をまつっている。ここの権現造の社殿が日光東照宮の雛形になった。
 参道の石段から見る琵琶湖越しの近江富士(三上山)は目に残った…。

 日吉東照宮から「坂本探訪」の本番、日吉大社に向かうのだった。

フォトアルバム

坂本の町並み
御田神社を参拝


御田神社の大楠
京阪の坂本駅


石山寺行きの電車が見える
坂本は比叡山の門前町


町中の水路
伝教大師誕生の生源寺


生源寺の本堂
古い町屋が軒を連ねる


老舗の蕎麦屋
老舗の塩屋


榊宮社
石畳の小道


穴太積の石垣
比叡山への登山口


比叡山高校
比叡山のケーブル駅




日吉東照宮



日吉東照宮から見る近江富士

Comments

Comments are closed.

  • 新刊紹介(賀曽利隆連載中)


    アンダー400 No.65
    8月5日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    北茨城編


    風まかせ No.63
    7月6日発売

    連載

    「焚火日和」

  • 新刊紹介

    子どもの心を育む教師と親のため雑誌「児童心理」増刊号に「我が人生最大の危機を救ってくれた母親」と題して賀曽利隆が執筆しています。
    児童心理
    2017年8月号臨時増刊

    第4部
    わが思い出の中の父親・母親

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税