カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

霧多布湿原

投稿日:2010年1月2日

夏には花の湿原に

IMG_1798_small

霧多布湿原の木道を歩く


 釧路から国道44号で根室へ。
 その途中の厚岸で国道を離れ、道道123号を行く。太平洋の海岸線に沿ったこの道はすごくいい。北海道でも指折りのツーリングコースだ。
 愛冠岬の断崖上に立ち、太平洋を眺めたあと、霧多布に向かって走った。
 浜中町の霧多布にある霧多布湿原が北海道遺産に指定されている。
 霧多布に着くと、真っ先に霧多布湿原へ。ここは面積が3168ヘクタールの広大な湿原で、日本では釧路湿原、サロベツ原野に次いで、第3位の広さの湿原になっている。
「湿原センター」に寄ったあと、霧多布湿原の木道を歩いた。
 6月から9月までは様々な花が咲くとのことで、「花の湿原」とも呼ばれている。7月中旬にはエゾカンゾウが咲き誇り、湿原を一面に黄色く染める。
 だが今回、ぼくが行ったのは10月中旬のこと。湿原は冬枯れの様相で、一面、茶色一色。寒々とした光景だった。広大な湿原には、自分以外の人影はまったくなかった。
 霧多布湿原から霧多布大橋を渡って霧多布の町へ。

 霧多布は今では島だが、もともとは「霧多布半島」という小半島だった。
 それが1952年の十勝沖地震と1960年のチリ地震の大津波で砂州が切断され、島になってしまった。半島が島になるほどの自然災害だった。
 霧多布の町中を走り抜け、突端の霧多布岬へ。
 岬全体が夕日を浴びて輝いていた。岬の突端には赤白2色の灯台。灯台の前に立ち、タタタタッと音をたてて落ちていく夕日を眺めた。日が沈んだところで霧多布岬近くの霧多布温泉「ゆうゆ」の湯に入った。
 霧多布からはさらに道道123号を走り、浜中駅前から国道44号に出た。日が落ちると急速に寒くなる。ガタガタ震えながら走り、根室に到着。駅前食堂「たかまる」で根室名物、花咲ガニの「カニ飯」と「鉄砲汁」を食べ、冷え切った体をあたためるのだった。
IMG_6356_small

霧多布岬の夕日


IMG_1797_smallIMG_6348_small

釧路を出発。一路、根室へ
厚岸の町並み


IMG_6342_smallIMG_6353_small

愛冠岬
霧多布の海食崖の断崖


IMG_6351_smallIMG_6355_small

夕日を浴びた霧多布岬
霧多布岬の灯台


IMG_6358_smallIMG_1803_small

霧多布温泉「ゆうゆ」
根室に到着!


Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照


    アンダー400 No.66
    10月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    番外編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up