カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

信州・伊那谷の馬肉料理

投稿日:2009年12月5日

賢明な伊那人だからこそ……

ina_11

桜鍋


 日本の馬肉料理の本場といえば、信州の伊那谷だ。「北海道の馬文化」への参照ということで、2002年の夏、バイク誌の取材で信州・伊那谷に馬肉料理を食べに行ったときの記事を紹介しよう。

 馬刺しを食べたくなった。
 それも無性に食べたくなったのだ。
 馬刺しといえば、熊本や東北の各地にそれを名物にしているところがあるが、なんといっても本場は信州の伊那谷。思い立ったが吉日、東京から中央高速の一気走りで伊那へ。 信州は“盆地の国”。中央分水嶺の北側、千曲川沿いには佐久盆地、上田盆地、長野盆地、飯山盆地と盆地が鎖状につづいている。さらに北アルプス山麓には松本盆地と安曇野盆地が広がる。
 中央分水嶺の南側には、諏訪湖周辺の諏訪盆地から諏訪湖から流れ出る天竜川沿いの伊那盆地へとやはり盆地がつづく。これらの盆地を結んで、信州には何本もの峠道が開けている。そんな信州の盆地のひとつ、伊那盆地の伊那に向かった。
 中央高速を伊那ICで降り、高台に立って伊那盆地を一望する。
 東側には南アルプス、西側には中央アルプスの高峰群が連なり、その間を天竜川が流れている。伊那盆地は「伊那谷」とよく言われるが、“谷”から受けるイメージ以上の広がりがある。ここが日本の馬肉料理の本場になっている。

 伊那の市街地に入り、JR飯田線の伊那市駅前の駐車場にバイクを停め、さっそく肉屋を見てみる。駅近くの「板谷精肉店」のショーウインドーで目が停まったが、そこには7種類の肉が並んでいた。
 牛ロース(850円)
 馬刺し(480円)
 馬最上(400円)
 馬上(300円)
 豚ロース(230円)
 豚上(160円)
 豚中(130円)
(値段は100g当たり)
 なんと7種類の肉のうち、3種類が馬肉だ。
「すごいゾ!」
 さすが馬肉料理の本場だけのことはある。
 スーパーの肉売り場をのぞいても、やはり馬肉が幅をきかせていた。
「伊那谷の人たちは、それは馬肉が好きですよ。馬刺しは大好物だし、すき焼きといえば馬肉。ふだんの家庭料理でも、煮つけにはよく馬肉を使います。コロッケやメンチカツにも馬肉を入れます」
 といった話も聞いた。

 伊那の中心街をプラプラ歩く。
 川魚店の店先にずらりと並んだ川魚類の甘露煮を見たり、伊那名物のハチノコやザザムシ、イナゴを売る店を見たりして伊那市駅前に戻った。
 歩いて腹をへらしたところで、馬肉料理だ。
「板谷精肉店」に隣りあった焼肉店の「いたや」に入り、馬肉三昧の食事をした。
 まっさきに「馬刺し」を食べた。
 うす切りにしたロースを生のまま、ショウガ醤油につけて食べるのだが、クセがなく、さっぱりとした味わいで、ツルツルッとソバをすするかのように1皿、あっというまに食べてしまった。故郷を離れた伊那人の一番恋しがる味が馬刺しだということも、この本場の馬刺しを食べてみるとよくわかる。
 次に「おたぐり」を食べた。
 おたぐりというのは、馬のもつをぶつ切りにし、長時間、煮込んだもの。くさみは消えてやわらかくなっている。
 馬の腸はとびきり長いものだが、それをたぐり寄せ、たぐり寄せして取り出すところから「おたぐり」の名がある。おたぐりは食材にするまでが大変だ。取り出した馬の腸をたんねんに水洗いし、包丁でその表面をこそいで脂分を取り除く。さらにそれを切って2、3時間、流れ水に打たせるのだ。
 そして桜鍋でご飯を食べた。
 桜鍋とは馬肉のすき焼き。馬肉のことを桜肉ともいう。さらにそのあと、カソリの「鉄の胃袋」をフル稼働させ、馬肉のステーキと、馬肉のハムを食べた。
「いたや」では馬肉料理を全部で5品を食べた。馬肉料理だけで満腹になったとき、あらためて伊那の馬肉食文化のすごさを感じるのだった。

 伊那谷では、かつてはどの家でも、農耕馬を飼っていた。現役を退いた農耕馬をつぶして食用にしていたのだ。このように伊那谷では馬肉を食用にしてきた伝統がある。
 低カロリー、低脂肪、高タンパク、高グリコーゲンの馬肉は、コルステロール過多の現代人にはぴったりの肉だといわれているが、伊那人は「馬肉は体にいい!」ということを体験的に知っていた。
 伊那人は理屈っぽいけれど、頭はいい。
「東京の大学で、石ころをいくつか投げれば、かならずひとつは伊那谷出身の教授にぶつかる」
 といわれるほどなのだ。
 腰の曲がった婆さんが、当たり前の顔して岩波の『世界』を読んでいたりする。

 伊那谷ではかつては養蚕が盛んにおこなわれていた。製糸も盛んだった。
 そのような伊那谷だから、まゆ玉を大釜で煮立てて生糸をとったあとに残るカイコのサナギも食用にしていた。伊那谷では“サナギ”といえばカイコのサナギを指すほど。今でもカイコのサナギの甘露煮は、伊那谷名物のハチノコやザザムシ、イナゴなどと並んでここではごくあたりまえに売られている。
 ところで養蚕や製糸が盛んだったのは、なにも伊那谷に限らない。だが、日本の他地方ではカイコのサナギを養殖ゴイの餌などにすることはあっても、人間の食用にしているところはほとんどない。カイコのサナギは極めて栄養価が高いのにもかかわらず‥。
 それは伊那谷名物のハチノコやザザムシでも同様のことがいえる。
 ハチノコはジバチの子だが、伊那谷の業者は遠く東北や中国地方にまでハチノコ取りにでかけている。ザザムシも日本のほかの河川でも生息しているのにもかかわらず、それを人間の食用にしているところはほとんどない。伊那谷ではそのほかにもナラやナギの木の根元にいるゴトウムシやセミの幼虫なども食用にしている。そのため、
「伊那人のゲテもの食い」
 とよくいわれる。
 その理由としては、
「伊那谷は海から遠く、まわりが山ばかりで貧しい土地だから、何でも食べなくてはならなかった」
 と、もっともらしくいわれている。
 だが、それは大間違いだ。
 貧しい土地だからゲテものを食ってきたのではない。
 伊那谷で馬肉料理を筆頭に、種々雑多な動物タンパク源を食用にしてきたのは、伊那人が頭がいいからできたことなのだ。
 それに尽きるとぼくは思っている。
 それら種々雑多な動物タンパクが体にいいことを伊那人は昔から知っていた。これぞまさしく生活の知恵、食文化への知恵。伊那人の合理的な精神風土からきている。
 馬肉料理で満腹になった伊那でぼくは、
「頭のいい人間は何でも食う!」
 という食への結論を導き出した。

『ツーリングGO!GO!』2002年10月号より

ina_01ina_02

精肉店でさばかれる馬肉
馬肉の最上肉


ina_05ina_06

馬刺し用のロース
馬の臓もつ


ina_08ina_09

馬刺し
おたぐり


ina_10ina_12

馬刺し、おたぐり、ステーキの馬肉料理3品
馬肉のハム


Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照


    アンダー400 No.66
    10月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    番外編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up