カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

アイヌ文様

投稿日:2009年11月26日

アイヌ文化を知るなら「ポロトコタン」

IMG_1722_small

ポロトコタンの「アイヌ民族博物館」


 登別から国道36号で白老に行き、「ポロトコタン」へ。
「ポロトコタン」とはアイヌ語で「大きな湖の集落」の意味。その名前通りのポロト湖があり、湖畔には黒湯のポロト温泉もある。
「ポロトコタン」に入っていく。
 アイヌ文様の衣装などが売られているショッピング街を抜け、「アイヌ文化博物館」(入館料700円)を見学する。入口には高さ16メートルのコタンコルクル(村長むらおさ)像。右手には「イナウ(木の御幣)」を持っている。
 園内にはアイヌの家(チセ)が5棟あり、そこではアイヌの伝統芸能や伝統工芸の実演を見られる。アイヌの代表的な伝統工芸といえばアットゥシ織だ。オヒョウの樹皮から繊維をとり、北海道遺産にもなっているアイヌ文様を施して着物などに仕立て上げていく。白老のポロトコタンを見学したのは午後の2時ごろ。かわいそうなくらいにガラーンとし、人影もまばらだった。

 ぼくが初めて白老の「ポロトコタン」を見たのは1978年の我が「30代編日本一周」のときのこと。そのときはすごかった。駐車場にはズラーッと観光バスが並び、大勢の観光客たちがゾロゾロと「ポロトコタン」に入っていった。
 みやげもの店が軒を連ねる建物に一歩入ると、
「ちょっと、のぞいていきなさいよ」とか、
「そこのオートバイのお兄さん、寄っていってちょうだい」
 といった声を盛んにかけられた。
 みやげもの店のおばちゃんたちの声を振り切り、入館料の200円を払って「ポロトコタン民俗資料館」(今の「アイヌ文化博物館」)を見学。アイヌの家(チセ)ではアイヌ文様の民族衣装を着た古老の話を聞けたし、イヨマンテ(熊祭)の歌や踊りを見聞きすることができた。アイヌ特有の口にふくんで奏でる楽器、ムックリのピヨーン、ピヨーンという音色がいつまでも耳に残った。
 観光色の強い「ポロトコタン」ではあったが、ぼくの心には強い印象となって残った。そんなこともあって、その後も何度か、「ポロトコタン」には行った。それが…、行くたびに入場者数が減っている。アイヌ文化を知るのには、すごくいいアイヌコタンだと思うのだが…。

 さて、北海道遺産のアイヌ文様だが、白老の「ポロトコタン」のあとは、二風谷の「萱野茂二風谷アイヌ資料館」や「平取町立二風アイヌ文化博物館」、旭川・近文の「川村カ子ト(かわむらかねと)アイヌ記念館」などで見ることができた。

IMG_1727_smallIMG_1728_small

二風谷の「萱野茂二風谷アイヌ文化資料館」
「萱野茂二風谷アイヌ文化資料館」のアイヌ文様


IMG_1884_smallIMG_1886_small

旭川・近文の「川村カ子トアイヌ資料館」
「川村カ子トアイヌ資料館」の壁画のアイヌ文様


カブタンとノンタンの北海道遺産」では次ぎのようにアイヌ文様が紹介されている。

 旭川市博物館ではまず、入口のところで感動しました。アイヌ文様を施した衣装を着せてくださいました。アイヌ文様の羽織を、アイヌ文様の帯、アイヌ文様の前掛をして、アイヌ文様のバッグを提げて、頭にはアイヌ文様の鉢巻のようなものまで、付けさせてくださいます。
 全身アイヌ文様のカブタン、結構、かわいいかも~♪
 アイヌ文様の特徴的なのは、渦巻き模様(モレウ)と括弧型模様だそうです。
 渦巻き模様は川の流れとか、風とか、木々の様子から生まれたとも言われています。
 なるほどー!
 括弧型模様はとげとげの模様で、魔よけの意味もあるとか…。だからとげとげ模様は衣服の袖口とか裾とかに施されて、悪霊が入らないように守っていると聞いたことがあります。
 母から娘へと伝えられるアイヌ文様の刺繍って、一針一針、心をこめて、縫われていくのですねー。

「アイヌ文化」、なんと美しい…【アイヌ文様】より

 このようなカブタンのコメントとともに、旭川市博物館所蔵のアイヌ文様の写真が何枚か掲載されている。

「アイヌの口承文芸」の項でもふれた日本観光文化研究所発行の『あるくみるきく』(1973年10月号)には、アイヌ文化研究家の萱野茂さんは「アイヌ文様」について次のように書かれている。

 アイヌ模様の意味をよく聞かれるけど、アイヌは模様といわないでただモ・レウ・ノカなどと言う。モ(静か)レウ(曲がる)ノカ(形)、つまり(静かに曲がる形)と言うんだ。沙流川すじの木彫りのものに彫る鱗彫りは、アラムラム・ノカ。ラムラムは、魚や蛇などの鱗のことだ。
 アツシ(オヒョウの木の皮の繊維でつくった着物)の模様は、もともとは衿まわり、袖まわり、裾まわりにつけた。なぜそんなところにつけたのか、たぶんそういうところから魔物が体に入って来ないようにしたのだろう。おれたちの子どものころ、山の畑に草とりに行ったとき、畔に赤ちゃんを寝かせて置くんだけど、その赤ちゃんのまわりに、荷物を背負う縄でぐるりと囲っておくんだ。そうすると蛇が来ても、どんな魔物が来ても、その縄を越えないもんだとアイヌは信じていたんだな。
 アイヌの縄は、シナの木の皮などで編んだものなんだけど、縄というものをアイヌが、といより人類が発明したということは、大へんな発明だったと思うね。アツシを織る糸も、オヒョウの木の皮の繊維を縒ってつくるんだけど、この縒るということも大へんな発見だね。縒りをかけていない糸は、アツシを織る場合にひっかかって困るし、長持ちもしない。縄も同じような発見だね。
 話がそれたけど、アツシの模様は、木綿糸と色布を使って刺繍するわけなんだけど、そういう材料がなかった時代にはどうしていたんだろう。たぶん鹿などの動物の皮と、鹿のアキレス腱なんかを使ったんだろうと思うね。衿や袖口や裾などを補強するために、刺繍するというより皮をはぎ合わせているうちに、鹿のアキレス腱をとっておいて、それを細かく裂いて糸にしたんじゃないかな。

Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照


    アンダー400 No.66
    10月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    番外編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up