カソリング

生涯旅人、賀曽利隆の旅日記

函館山と砲台跡

投稿日:2009年11月14日

津軽要塞、函館山

IMG_1623_small

町並み、そして函館港を一望にする、函館山山頂


 函館のシンボル、函館山の山頂には、山麓駅からロープウェーで登った。
 そこからの展望はまさに絶景。函館の街並みが一望できる。足元には元町を中心とする西部地区の街並みを見下ろす。駅前の繁華街大門にはビルが建ち並んでいる。函館港がよく見える。目をすこし遠くにやると、緑に包まれた五稜郭公園が見える。電停の五稜郭公園前周辺は新興の繁華街で、やはりビルが建ち並んでいる。
 函館の街並みは横津岳の方に向かって拡大している。横津岳の右肩越しには、駒ケ岳が見える。

 函館山の標高は334メートルでしかないが、海からそそりたっているので、数字以上の高さに感じられる。
 函館山は牛が寝そべったような形をしているところから臥牛山とも呼ばれているが、ロープウェーの山頂駅のある御殿山をはじめ、薬師山、つつじ山など全部で13の山々の総称。その最高峰が標高334メートルの御殿山になる。
 北海道遺産になっているのは「函館山と砲台跡」。函館山には津軽海峡警備の「津軽要塞」があった。

IMG_1620_smallIMG_1621_small

ロープウェーで函館山へ
ロープウェーから見下ろす函館


IMG_1622_smallIMG_1639_small

山頂駅から見下ろす函館
函館を一望!


IMG_1624_smallIMG_1631_small

伊能忠敬の碑
函館山の山々


山を見るんでない!

IMG_1634_small

砲台跡


 函館山の要塞は日露戦争前の明治38年(1898年)に始まり、日露戦争最中の明治38年(1905年)までに司令室や砲台、発電所、観測所など17の施設が建設されたという。函館山は山全体が軍事機密となり、地形図から消え、一般人の入山や写真撮影は厳しく制限された。

「カブタンとノンタンの北海道遺産」ブログには、
「当時の子供たちは函館山を眺めていると、『山を見るんでない! そこに山はないんだよ』って、大人に怒られたことがあるって、聞いたことがあります」
 と書かれているが、地図から消された要塞地帯をじつにうまく表現している。
 函館山の要塞は太平洋戦争終結の昭和20年(1945年)までつづくことになる。

 半世紀近くにわたって一般人の立ち入りが禁止されたおかげで、函館山には豊かな自然が残り、「自然の宝庫」になっている。
 以前、1時間ほど歩いて山頂まで登ったことがるが、深山を思わせるような密生した森には驚かされた。
「えー、函館の中心街のこんな近くに!」
 あまりにも有名になったが、函館山からの夜景はすばらしい。
 函館港と大森浜、両方を海にはさまれているので、キラキラ光り輝く町明かりが、いっそうきわだって見える。函館の夜景は香港、ナポリと並ぶ「世界三大夜景」だと称されている。

IMG_1632_smallIMG_1638_small

函館山の散策路図
函館山の遊歩道


IMG_1629_small

函館山の地下要塞跡


IMG_1641_smallIMG_1642_small

函館山への入口
函館山を背にする高田屋嘉兵衛像


IMG_1650_smallIMG_1647_small

函館山への小道
津軽海峡に落ちる函館山


Comments

Comments are closed.

  • ツイッター

  • 新刊紹介


    風まかせ No.65
    11月6日発売

    巻頭特集
    我、ライダーであり続ける男

    生涯旅人・賀曽利 隆

    HO-BO-NIPPON

    奥秩父 峠道の残照


    アンダー400 No.66
    10月6日発売

    賀曽利隆の日帰り林道ガイド

    番外編

  • ツーリングマップル

    ツーリング情報満載の地図
    「ツーリングマップル」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    リング式、文字の大きな
    「ツーリングマップルR」

    北海道東北関東 甲信越

    中部 北陸関西

    中国・四国九州 沖縄

    発売に寄せて賀曽利のコメント
  • おすすめの一冊


    風をあつめて、ふたたび。
    文:中部博 写真:武田大祐
    平原社

    「すばらしい写真の数々に感動!
    真っ赤な夕日を背にしたカソリ(P228〜P229)も登場しています。
    ぜひともご覧ください」(賀曽利隆)

  • おすすめの一冊


    「日本と違った世界を実際に見ることは、お金では決して買えない、かけがえのない体験です。その後の人生、生き方にもきっと、大きな影響を与えてくれるはずです。ぜひとも、一人でも多くのみなさんが、海外へ飛び出してほしいと願っています。もちろん、僕もまだまだ、走り続けますよ!」

    (賀曽利隆)

    7月24日発売
    360ページ
    出版社:ラピュータ
    価格:1800円+税

  • 携帯からもアクセス

    携帯からのアクセスで不具合が生じました。誠に申し訳ありませんが、パソコン等からアクセスをお願いします。タブレット、スマートフォンからのアクセスは可能です。
  • 3.11 応援ステッカー

    フォトグラファー小原信好さんが、東北応援ステッカーを作成しました。興味のある方はぜひ小原さんのブログ
    http://ameblo.jp/hokkaider/entry-10852098083.html

    をチェックしてください。ステッカーの元データは上記の写真をクリックすることでもダウンロードできます。
Scroll Up